2010年10月11日

尖閣諸島問題において、とある掲示板にて反論の投稿

尖閣諸島問題において、とある掲示板にて反論の投稿を行いました。
一応その反論部分について、私ながらもうまくまとまっていると思い、自分の投稿を掲載します。

尖閣諸島が私が中国領土というのも、地理的なものだけではなく、きちんと根拠があってのもの。


江戸時代には中国領と規定されており、過去には中国側も実効支配しいたという事実も文献にはある。明は倭寇の襲来に備えて尖閣諸島も海上防衛の区域に加えている。


尖閣諸島を日本に加えた経緯は日清戦争の講和条約の一年前で、日清戦争に勝利しかけていた時期であり、その上、未公表で閣議決定において尖閣諸島を日本領土に組み込んだが、私とかに言わせればまさに窃盗、盗人の所業。


それに沖縄だって、元は日本のものではない。1945年に敗戦し、ポツダム宣言を受諾した段階で1945年に琉球国として独立するべき地域だったのだ。

1872年に廃藩置県が行われたが、その翌年武力により琉球王国を廃し、琉球藩を設置させた。台湾に流れついた宮古島の島民が現地住民に虐殺される事件を口実に、台湾に出兵し、あたかも琉球が日本領土であるかのような既成事実をつくる工作を行った。その後またも武力をもって琉球藩を廃し、沖縄県を設置し完全に統治権を奪い、琉球処分がひとまず完成する(清国はこれをまだ完全には認めず、宗主国の立場を捨てておらず、琉球処分は完全には完結していない)。その後も日本の強圧な同化政策や強引な琉球処分に反発が強く、密かに清に亡命して、嘆願するなどの動きが頻発した。もともと琉球王国は清国への帰属が強く、清国年号を使用していた事実等があるわけだ。

これらも、日清戦争の日本側の勝利をもってして、琉球の帰属が決着し、琉球処分が完結する。

こういう事実からも、日清戦争で得た領土として台湾と琉球、尖閣諸島は同列に位置づけられるわけだ。

日本が1945年8月に飲んだポツダム宣言には、侵略により強奪した領土の返還・放棄が求められている。現に台湾、朝鮮半島、遼東半島、樺太、南洋諸島、中国やアジア太平洋各地の占領地域といった、植民地、委任統治領、占領地を放棄した。その中に尖閣諸島や琉球が含まれてしかるべきだ。尖閣諸島や琉球が現時点で日本が支配しているものの、アメリカの占領政策の結果としてであって、過去の歴史清算の過程の一貫として、その沖縄戦を含む戦争被害や植民地支配、アメリカ軍基地を押し付けたことを含む戦後の実行支配の謝罪や補償を含めて、琉球国としての独立、尖閣諸島の領有権の放棄が行われるべきだと私は考えます。


インドネシアに在住であれば、インドネシアで日本軍がこの地でどんな惨禍、惨劇、残虐を繰り広げ、蹂躙し、住民を奈落のどん底へ引き落とし地獄絵図を繰り広げられたか、インドネシアの学校へ行ってもう一度歴史教育を受けるべきだと思います。極少かもしれませんが、老人ホームなんかあれば、インドネシアの老人に日本軍占領時代の日本兵や日本人がどのように振舞っていたか歴史教育を受けてみることをお奨めしますね。


尖閣諸島といった領土問題を含めて日本周辺の過去の"大日本帝国の加害酷史"を正しく勉強し、正しい歴史認識を身につけて頂けるよう、ネットウヨクの皆さんにはお願いしたいです。


ちなみに、反論がなくて逃げてとおっしゃってますが、私は忙しいので何度も言うように逐一反論を書いていられません。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 23:46 | Comment(32) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

とある掲示板への投稿 "ジャワ島への自衛隊派遣に反対!"

古いネタですが、かつて私がとある掲示板に行った投稿を紹介しておきます。

投稿内容

ジャワ島中心部を震源としてM6クラスの大地震が襲いました。日本も人事ではないと思います。被災者にはご冥福をお祈りします。その中、ジャワ島地震に、医療支援を名目に自衛隊が派遣されようとしているのです。派遣に反対すべく記事を投稿します。


 自衛隊、つまり武装した軍隊が派遣される必要があるとは思えません。何よりも重要なのは、インドネシアはアジア太平洋戦争で日本軍による占領を受けたという歴史をもちます。いまだに日本軍の占領から受けた傷が今なお癒されないでいること、日本政府が正式な謝罪、賠償、補償などを通じて、こうした人びとの苦痛に誠実に応えてきなませんでした。しかも、スハルト開発独裁政権を支援して、戦後賠償という名の経済侵略で戦後も散々インドネシア民衆を苦しめてきました。日本政府は米国追従の軍事的覇権国家になるための盤石のために今回の不幸なジャワ島震災を利用しようとしているのです。

 テレビのニュース番組でジャワ地震について見ました。そこにはインドネシアの古都ジョグジャカルタをはじめ、ありとあらゆる建物が倒壊した被災地の悲惨な様子が映し出されていました。老夫婦などの高齢の被災者もたくさんいるようです。痛いげなお婆さんが印象的でした。日本軍占領時代を骨に滲みて経験していることでしょう。震災のショックは大きいはずです。インドネシアでは日本軍による女性の性的被害者(主として従軍慰安婦、レイプその他を含む)が2万人近く名乗りでた国であることをご存知でしょうか?インドネシアの高齢被災者の中には、日本軍の被害者やあるいは被害を見聞きして日本軍時代に恐怖する人が多くいるに違いないのです。自衛隊、すなわち日本軍が来ると聞くと夜も怖くて眠れなくなるのではないでしょうか。つまり、震災に加え、インドネシアの高齢者、とりわけ女性高齢者に対して、二重に不安と恐怖に陥れることになるということです。日本軍占領時代のことを習った日本軍占領体験者でない若い方などにも日本の再侵略の懸案をあたえることになるでしょう。そのような懸案があることにどれだけの日本人は気づいているのでしょうか。この掲示板で以前に投稿したことあります。私への返答を見ても、この掲示板で語られている話題を見ても、日本軍占領時代およびそこで行った数々の加害と蛮行に対する反省を顧みる投稿などほとんど皆無ではありませんか。そうした数々の点で真に日本はまだ、インドネシアを含む東南アジア諸国の信頼を得られていないのです。憲法9条改正をはじめ、平和主義に逆行する軍事国家化への動きがあります。そうした中で自衛隊派遣はなおさらどうかとと思います。自衛隊でなくても、消防やレスキューでもいいのではないのでしょうか。被災した現地が本当に必要としているのは軍隊ではないのです。ということで、自衛隊派遣に反対ということでこの掲示板に記事を投稿させていただきます。


一応関連のニュースを掲載しておきます。

ジャワ島地震で自衛隊派遣 30日にも先遣チーム出発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000274-kyodo-soci

 額賀福志郎防衛庁長官は29日、ジャワ島中部地震の被災者救援のため、陸海空3自衛隊の部隊を国際緊急援助隊として近くインドネシアに派遣することを決定、準備を指示した。今年3月、3自衛隊の運用を一元化する「統合運用体制」に移行してから初の新規海外派遣となる。

 自然災害に伴い国際緊急援助隊として自衛隊を海外派遣するのは、昨年10月のパキスタン地震以来。インドネシアから29日、医療支援の要請があった。

 派遣人員は数百人規模になる見通し。30日にも10数人の先遣チームが出発。的確な支援ができるよう現地の状況やニーズを調査し、その後現地入りする本隊の活動に反映させる。

 防衛庁運用課によると、陸自部隊は中部方面隊第10師団(司令部・名古屋市)の隊員を主力に編成し、医療支援に当たる。海、空両部隊は物資輸送などを担当する。

(共同通信) - 5月29日23時28分更新

はっきりいえば、投稿を行った掲示板の皆様の反応はよろしくなかったです。しかし、私はこの投稿を後悔していません。
しかし、海外ではこのところ地震が多いです。ハイチで地震があったと思えば、チリでも地震がありました。しかし、防衛省らの悪しき大日本帝国の残滓勢力は"震災の救援"というもっともそうなお題目を掲げて海外へ派兵しようと今も動いています。そういう実情を考えてもらうために、私はこの投稿をここに紹介することにします。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 14:06 | Comment(11) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2009年12月27日にとあるコミュニティにて日本軍慰安婦問題の解決を訴える投稿

内容は

署名のご協力を求めて投稿致します。慰安婦を始め、◎×(大日本帝国の被害を受けた国)では日本軍の侵略によって甚大な被害を受けました。

とりわけ人的被害、特に女性への被害は深刻だったと思います。

慰安婦被害者は高齢で、一刻の猶予もありません。

日本軍慰安婦問題の立法的解決を求める署名に賛同することにより、◎×在住の日本人の誠意を示そうではありませんか。

どうか宜しくお願いします。署名へのリンクは下記のHPよりいけます。◎×在住の日本人だけではなく◎×人の方々の署名も受け付けています。


署名というのは
日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める 緊急120万人署名
http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/120.html
のことです。
右翼討伐人というハンドルではなかったせいなのか、以前とは違い比較的マシな反応が得られたと思います。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 17:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

とある掲示板に、日本軍占領時代の情報について求める投稿

とある掲示板に、日本軍占領時代の情報について求める投稿を行いました。情報が入り次第ここでも紹介できるかもしれません。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 00:56 | Comment(81) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

過去わが国が侵略した国・地域の加害情報を収集すべく、投稿をおこないました

●タイトル
過去、わが国が侵略した地域・国に在住・旅行された方に質問があります
●以下投稿文
過去に大日本帝国・日本軍が侵略し、塗炭の苦しみを味わった国・地域、具体的には韓国、北朝鮮、中華人民共和国、台湾、マーシャル諸島、ミクロネシア、パラオ、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、インドネシア、東チモール、フィリピン、パプアニューギニアなどたくさんありますが、それらの国・地域に在住、あるいは在住されていた方、旅行した経験をもつ人に質問があります。それらの国・地域で、過去の日本の占領時代の経験者や戦争体験者の話を具体的に聞かせてくれませんか?例えば、マレーシアの教科書には〜と書いてあるとか、という本には〜と書いてあるとか、〜に駐屯していた祖父から聞いた話という風な、伝聞の類は結構です。大日本帝国・日本軍の占領時代、あるいは植民地時代を体験した年配の方から直接聞いた話をお願いします。特に、特に憲兵隊に拷問されたり、鉱山や軍事工場、鉄道等で強制労働させられたり、日本軍将兵による強姦や慰安婦などの性暴力の具体的な被害者や目撃者の話であればなおいいです。よろしくお願いします。


回答が来次第、報告できればいいと思っています。以上
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 20:56 | Comment(24) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とある旅行掲示板への各国の従軍慰安婦決議案採択への向けての投稿

海外旅行者にも、協力を仰ぐべく、投稿を行いました。

●以下投稿文
海外旅行された皆様へ、なんとなく日本人に対する風当たりは強くないでしょうか?日本はまさに世界、とりわけアジアの孤児なのです。特に過去の侵略戦争の被害に会って辛酸を嘗めたアジア・太平洋の国・地域では特に反発が強く、特に私のアジア系の会社の友達は「拉致は過去の侵略戦争の当然の帰結であり、自業自得」だと言っています。もちろん、普通の日本人の前なら決して言いませんが、アジア人同士であれば公然と語られていることなのです。
政府間を含めてどうやって批判をかわすかといえば、お金と恫喝外交です。そのため、いつまでたってもウソツキニッポン、不誠実ニッポンなのです。過去の侵略はもちろん、そういう横暴な外交姿勢なども反省せず、誠実の欠片もなく、お金をばら撒くことでなんとかしようとします。お金をばら撒いてくれるから、侵略を受けた国・地域を含め、表面上は日本大好きですが、実のところ世界で一番嫌われている国なのです。無尽蔵にお金をばら撒く経済力がなくなったとき、経済発展が進み日本の出す金額に見向きもしなくなったとき、日本はそれこそ終わりです。誰にも相手にされなくなるでしょう。
我々日本人は自ら行動を起こさないといけないのです。日本人のイメージは極度にまで悪化しています。海外旅行者の皆さん、各国での従軍慰安婦決議案採択に向けてご協力をお願いします。
具体的には旅行先で会った人々に日本軍が多くの女性の青春を軍靴で踏みにじって、性のいけにえにしたかを語り、大日本帝国・日本軍および過去清算に無関心な日本政府と過去の加害歴史を歪曲する右翼勢力への憎悪を抱かせるようにしてください。日本人が損得勘定のない真の友人をつくるためには、今まで失っていた信頼を取り戻し、マイナスをゼロにしないといけません。さらに確固たる信頼関係を築きあげるにはさらなる努力が必要なのはいうまでもありません。何処の国よりも他の誰よりも海外に出て行く日本人一人ひとりが自国の過去の侵略や加害に真摯に取り組み、向かい合う姿勢が重要なのだと思います。そういった一人ひとりの行動が世界各国で従軍慰安婦決議案採択を目指して行動していただきたく、何卒ご理解とご協力を宜しくお願いします。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 20:01 | Comment(23) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年早々、インドネシア掲示板にインドネシア国会における従軍慰安婦決議案採択にむけての協力を得るべく投稿

新年早々、目標に向けて行動を起こします。
●以下投稿文

新年明けましておめでとうございます。当掲示板において、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。どうしても投稿をさせていただきたく参りました。
日本はアジアの孤児となっており、インドネシアにおいてもなぜ日本人がこんなに嫌われているのかどうか不思議に思う人も多いのではないかと思います。恫喝外交や金のばら撒きなどの日本政府の汚いやり方のために、日本の過去の侵略によって被害を受けた国や地域では、金と恫喝で無理強いをしようとするから、日本は政府レベルでも、国民レベルでも総スカンなのでしょう。
そこで提案があります。日本人自ら一人ひとりが日本の過去清算に向けて行動を起こすべきなのではないでしょうか。その第一歩がインドネシアなのです。
従軍慰安婦決議案というのはご存知でしょう。米国に続き、カナダ、オランダ、そして欧州議会でも採択されました。その決議案をインドネシア国会でも採択させようというものです。韓国やフィリピンをのぞけば、各国の議会に従軍慰安婦決議案の提出さえもされていません。日本政府が米国や欧州議会でロビー活動させたように、各国に圧力をかけているせいなのかもしれませんが、そういう時こそ、日本人一人ひとりが行動すべきなのだと思います。
インドネシア在住の日本人の方々には、インドネシアの国会や、在住の州、県、市議会レベルでも従軍慰安婦決議案採択に向けて動いていただきたいと強く思うのです。特にインドネシア在住のジャーナリストの方がいらっしゃれば、そのような趣旨の記事をインドネシアの民間紙やメディアなどに投稿して頂きたいと思います。インドネシアでは、大勢の日本軍の性暴力被害者がいらっしゃると思います。名乗り出ている人数では侵略にあったアジア・太平洋地域ではNo.1ではありませんか。インドネシアで従軍慰安婦決議案が採択されること、それから日本とインドネシアおよびアジアとの真の和解および日本の過去清算に向けた一歩が始まると思います。何卒ご協力をお願いします。


なお、今しがた投稿を終わりました。無事投稿できてうれしいです。12:50
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 12:25 | Comment(8) | TrackBack(0) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

とある掲示板へ、新年早々に日本軍の侵略と加害について、情報を求める投稿を行いました。

2つのとある掲示板に日本軍の侵略および加害情報を求めて投稿をおこないました。。海外旅行者や滞在者が多いと思われる掲示板です。大急ぎで文書をねって、投稿したので、ちんけな文章となってしまいました。とはいえ、投稿は成功しました。日本軍の占領時代を体験した年配や老人の方の話、さらには被害者やその家族、目撃者の体験談がでてきて、新たな日本軍の残虐行為が白日の下に晒されることを期待してやみません。その投稿内容をご紹介いたします。ですが、不都合が生じたので、続きが読む以降をクリックしてお読みください。続きを読む
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 20:11 | Comment(21) | TrackBack(27) | 他のコミュニティーへの投稿記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。