2006年07月17日

ダイオキシンの問題から、政府やマスコミの情報操作の問題を考えるpart2

ダイオキシンの問題から、政府やマスコミの情報操作の問題を考えるpart1
http://uyotoubatsunin.seesaa.net/article/20891539.html
の続きです。
 
一番はっきりするのは、Amazonで「ダイオキシン」をぐぐった場合で、私が検索した範囲では、「ダイオキシン」を表題などに含む和書の数は455件であり、同様に「dioxin」を表題に含む洋書の数は45件であった。
http://www.google.com/では、2,260,000件、dioxinでは、7,130,000件。しかし、日本の人口が1億3000万人弱であり、英語のdioxinの約3分の1に達する数となれば、異常というほかはない。
2002年にダイオキシン国際大会に日本から約160人が参加しているが、参加者800人のうち2割を占めていて、アメリカの100人やドイツの60人を超越しているのである。
正確にいえば、ダイオキシン国際会議ではなく、正式名称は"環境汚染性ハロゲン化合物と環境残留性有機物に関する国際シンポジウム"という名称である。ダイオキシン会議は略称であるが、98年以降は正式名称からダイオキシンの名前が消えている。国際社会の場ではダイオキシンは環境残留性有機物の一つという認識になっており、ダイオキシンを単独で取り上げる発表もなくなり、これを問題視する研究者がずいぶん減っているというのが国際的な潮流である。
 
●日本においてダイオキシンになぜ異常な関心が集まったのか
ダイオキシンに対する関心の高さは日本特有の現象である。ダイオキシンに対する日本の盛り上がりは1997年代にかけて形成されたようだ。

長山淳哉著 しのびよるダイオキシン汚染(1994年、講談社)
脇本忠明著 ダイオキシンの正体と危ない話(1998年、青春出版社)
宮田秀明著 よくわかるダイオキシン汚染(1998年、合同出版)
井口泰泉著 生殖異変(1998年、かもがわ出版)
これら4人が発表した著書により国民にダイオキシンの危険性が一挙に認識されるようになったのである。「第一人者」である彼らの発言はマスコミも評論家も政治家も研究者もなんら疑うことなく信用した。さらにマスコミや評論家や政治家なども煽る形で、国民も信用した。誰も情報を疑うことなく、鵜呑みにしてダイオキシンの危険性が一人歩きし、国民的ブームとなったのである。極端な方向に走る日本人の国民性ではないだろうか。
 
ダイオキシンの危険性で叫ばれているのは、主に8つで、
1.ダイオキシンの毒性はサリンの2倍で青酸カリの1000倍である
2.ダイオキシンは人工物質で、主に塩素系プラスチックの焼却から生じる

3.環境の「ダイオキシン汚染」は悪化している。

4.ダイオキシンには強い発ガン性がある。
5.所沢市近辺の「産廃銀座」で新生児死亡率が上がっている。
6.家庭のゴミ焼却が新生児死亡率を上げた。
7.ダイオキシンが新生児や乳児のアトピーを増やした。
8.ダイオキシンの「環境ホルモン」作用が生物をメス化させている
などである。

 

●ダイオキシンの危険性 
1.ダイオキシンの毒性はサリンの2倍で青酸カリの1000倍である の論点について考察していきたい。

ダイオキシンがサリンの2倍の毒性をもつのであろうか?まず、ダイオキシンというのは、炭素C、水素H、酸素O、塩素Clの化合物である。ダイオキシンのうち、最強の毒性をもつのはTCDD(2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin)である。



 これが、その化学構造式であり、非常に安定である。半数致死量の数値が非常に小さい猛毒である。ダイオキシン222種のうち、最も毒性が強い。半数致死量というのは、ある動物(たとえばマウス)100匹に与えたら、50匹が死ぬ量を、個体の体重1kgに換算した数値のことである。数値が小さいほどもちろん、毒性が強いことを示し、単位はμg/kgである。μg=10-6gである。(なお、単位については、省略させていただく)

モルモットに対する半数致死量は0.6〜20であり、人に対するサリンの半数致死量とされている200や青酸カリの3000よりも格段に小さくなっている。ところが、これにもからくりがあって、TCDDの毒性は動物実験の系統によって、大きく異なってくるのだ。
ミンク5、ラット10〜300、マウス100~3000、ハムスター1000〜5000、ウサギ100、サル50である。
モルモットの0.6を基準にすれば、ダイオキシンの一種TCDDは非常に猛毒であるといえるが、ハムスターの5000を基準にすればさほどちまたでいわれているほど猛毒ではないということである。見てのとおり、動物実験の系統によっても、さらには、同じハムスターやマウス、ラットであっても大きく数値が開いてくるのである。ここまで開きがある数値をダイオキシンの毒性判断の根拠とすることはできないはずである。人に近いサルをどう評価するかという問題もあるが、チンパンジーやゴリラなど他の霊長類・類人猿のデーターがない以上判断ができないし、動物実験の結果を直接人の数値と比較することはできないのである。

 問題はダイオキシンの毒性よりも、どれだけの量が人体に入ってくるかが問題である。仮にハムスターの最大値の5000としても、日常的に大量に摂取している環境だとしたら、大きな問題であろう。そのところはどうなのであろうか。
結論としては、モルモットの半数致死量0.6を当てはめても、ダイオキシンの毒性は日常生活ではまったく問題にならないのである。どのような猛毒も一定以上が体内に入らない限り、急性毒性の上ではまったく問題がない。ある物質が毒になるかどうかは摂取量や体内濃度に左右されるのである。
人間が1日に摂取するダイオキシンの量は100pgである。1kgあたりに換算すると、体重50kgの人間と考えて、約2pg程度である。pgは10-12gである。

半数致死量の0.6をpg単位に換算すると60万となって、人が日常的に摂取する量の30万倍となる。ダイオキシンの多くを食事から摂取すつため、おおよそ30万日(820年)の食事を一度にして、ようやくモルモットの半数致死量に達することになるのである。したがって、ダイオキシンの毒性はともかく、リスクを総合的に考えて話題にするほどの何でもない物質だということができるのである。


ただし、日常的には問題ではなくても、一度に大量のダイオキシンを摂取するような事態はどうだろうか。それについては、イタリアのセベソ市での事例がある。1976年7月にセベソ市で、農薬工場が爆発し、大量のTCDDが周りに撒き散らされたという大事故が起こった。約3万人の住民が少なくとも300gのTCDDに被爆した。住民のTCDD摂取量は8.4μg/kgと推定され、モルモットの半数致死量の最小値の14倍に相当する量である。しかし、大量のダイオキシンを浴びた住民のなかには、一人の死者もでずに、報告されている具体的な被害といえば、塩素座瘡のみである。発ガンなどの慢性的な被害についてはわからないが、死者がでていないというところには驚くべきことかもしれない。家畜の大量死は報告されている。もともと、人間というのはダイオキシンに耐性があるのかもしれない。無論、農薬工場を経営していた大企業はこの大事故を隠蔽していた経緯もあり、政府や業界による隠蔽の可能性もあるので、セベス事故で死者がでなかったことでもって、ダイオキシンの大量被爆による危険性が排除されるわけでもあるまい。とはいえ、これはあくまで特殊な事故の例であり、日常生活に結びつけて考える性質のものではないのである。

 
2.ダイオキシンは人工物質で、主に塩素系プラスチックの焼却から生じる に関してはいうまでもなく完全な誤りである。
実はダイオキシンは人工的に作られた物質ではなく、天然にありふれた物質である。炭素、水素、酸素、塩素の化合物であり、恐竜時代からある山火事でも発生する天然物である。ゴミから、塩化ビニルを取り除いても、ダイオキシンは発生するし、新聞紙や生ゴミを燃やしても何を燃やしてもダイオキシンは発生することが分かっている。 


4.ダイオキシンには強い発ガン性がある。ということであるが、調査によれば、強い発がん性ではなく、弱い発がん性があるとほのめかされる程度であるという。一般人の100〜1000倍ダイオキシンに暴露された集団(主として農薬工場の作業員)がガンで死ぬ帰依kんせいは、対照郡の1.4倍であるということである(これは一日にタバコを一本吸うか、その副流煙を吸う人と同程度)。国際ガン研究機関が発ガン性ありと認定したものの、通常は心配ない程度であるが、国際機関によって認定されることで過大に増幅されることになった。

イギリス保健省や厚生省は通常の摂取量で、発ガン性は見られないとしている。
 
5〜8のダイオキシンが新生児に与える影響についても、たとえば所沢市の新生児死亡率は1970年代から現在まで一貫して低下しているので、その産廃処理との相関は見られないということ。5〜8の主張についても科学的な根拠は証明されてはいないことだ。長期的な発がん性や催奇形性の問題、免疫機能、アレルギー、甲状腺機能へのダイオキシン摂取の影響についてはまだまだ、調査を待つ必要があるし、業界や(国際)政治の圧力で研究調査が捻じ曲げられたりなど、イギリス政府や日本政府などの調査結果を鵜呑みにすることもできないが、狂ったように騒ぐようなことではないというのが、これまでの結論である。次回part3で

はさらにダイオキシンを含めて、身の回りの毒物を交えながら、環境問題に関するあり方を私なりにまとめたいと思います。以上

posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 21:40 | Comment(13) | TrackBack(6) | ためになるコラム???? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ダイオキシンの問題から、政府やマスコミの情報操作の問題を考えるpart1

ひとまず次の文章を読んで考えてもらおう。
 
 Dihydrogen Monoxide(DHMO)の規制を!
 DHMOは無色、無臭、無味であるが、毎年無数の人を死に至らしめている。ほとんどの死亡例は偶然DHMOを吸い込んだことによるが、危険はそれだけではない。DHMOの固体型に長期間さらされると身体組織に激しい損傷を来たす。DHMOを吸入すると多量の発汗、多尿、腹部膨満感、謳気、嘔吐、電解質異常が出現する可能性がある。DHMO依存症者にとって、禁断症状はすなわち死を意味する。
 DHMOは水酸の一種で、酸性雨の主要成分である。地球温暖化の原因となる温室効果にも関係している。また重度の熱傷の原因ともなり、地表の侵食の原因でもある。多くの金属を腐食させ、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。また切除された末期癌組織には必ずこの物質が含まれている。
 汚染は生態系に及んでいる。多量のDHMOが米国内の多くの河川、湖沼、貯水池で発見されている。汚染は全地球的で、南極の氷の中にも発見されており、中西部とカフフォルニアだけでも数百ドルに上る被害をもたらしている。
 この危険にかかわらず、DHMOは溶解や冷却の目的で企業利用されており、原子力施設や発砲スチロール製造、消化剤、動物実験に使われている。農薬散布にも使われ、汚染は洗浄後も残る。また、ある種のジャンクフードにも大量に含まれている。
 企業は使用済みのDHMOを大量に河川、海洋に投棄しており、それはまだ違法とされていない。自然生物への影響は限りないが、我々は今のところ何も出来ないでいる。
 アメリカ政府はこの物質の製造、頒布に関する規制を経済上の理由から拒んでいる。海軍などの軍機関はDHMOに関する研究を巨額の費用を投じて実施している。目的は軍事行動時にDHMOを効果的に利用するためである。多くの軍事施設には、地価に近代的な施設が造られ、後の使用に備えて大量のDHMOが備蓄されている。
 あなたはDHMOの規制に賛成するだろうか?

この文は1997年にとある14歳の中学生が作成したものらしいです。この告発文は大変意義のあるものです。ところで、DHMOとはどんな化学物質であるかわかるだろうか。いかにもおそろしい化学物質だとこの告発文を読んだ人であればおもうであろう。ところが日常的にどこにでもあるような物質である。Dihydrogen Monoxideを日本語に直すと、一酸化二水素、つまりH2O、水のことである。
誰も水を汚染物質として懸念し、これを規制するようなことは誰も考えようとしないのである。ダイオキシンという化学物質があるが、これも巷に言われているほど危険ではないのだ。あたかも、この告発文のDHMOのごとく、ダイオキシンもマスコミなどによって情報操作され、同様の語られ方をしているのが、現状なのだ。そこでpart2ではその情報操作を正確な化学的知識を駆使して、その情報操作のからくりを暴きだそうと思う。
 
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 23:54 | Comment(10) | TrackBack(0) | ためになるコラム???? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このコーナーの紹介

新たにコーナーを設けました。政府やマスコミに騙されている皆様のためにつくりました。堅苦しい話ばかりはなんなので、科学的知識をまじえながら、話したいと思います。マスコミや政府の情報操作を打ち破りつつ、ためになるコーナーということでよろしくお願いします。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 23:27 | Comment(11) | TrackBack(0) | ためになるコラム???? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。