2006年10月29日

ソロモン諸島における大日本帝国・日本軍の加害情報について 

amlに前田朗氏の記事がありました。転載します。
10月28日

「法と民主主義」10月号(412号)の特集は「天皇制の現在」です。

http://www.jdla.jp/houmin/index.html

同号に、前田朗「軍隊のない国家(11)――ソロモン諸島」を掲載してもらいました。

目次

一 メラネシアのソロモン

二 戦争の記憶

三 混迷する現在

以下に一部をご紹介。ヴーザの写真を掲載していますが、ここでは省略。

* **********************************

二 戦争の記憶

 ガダルカナルは第二次大戦の激戦の地であり、旧日本軍の記録や回想記にもよく登場する「餓島」である。

一九四二年八月、日本軍が建設したルンガ飛行場(現在のヘンダーソン空港・ホニアラ国際空港)をめぐって連合軍と日本軍が戦い、日本軍一木支隊など約二〇〇〇人が戦死した「血まみれの丘」。ルンガ飛行場の東のアリゲーター・クリークが海に出る場所で、一木支隊が「バンザイ突撃」をして全滅した「地獄の岬」。一九四二年一〇月から日本軍の二師団が上陸したタサファロング岬。一九四三年一月から二月にかけて、ガダルカナル西方に撤退したものの、日本軍一一〇〇〇人の大半がマラリアや下痢など病気になり、一部は餓死したエスペランサ岬やタンベア。

血まみれの丘とタンベアには、第二師団勇会が一九八五年に建立した「ガ島戦没者慰霊碑」が建っている。また、ギフ高地のククムの近くには、日本人が建設したソロモン諸島平和記念公園がある(5)。日本軍人の回想記だけを読むと、日本軍はあたかも無人島で戦っていたような錯覚にとらわれる。しかし、ガダルカナルには現地の人々が暮らしていた。

 連合国側の記録では、ソロモン諸島人の参戦協力があったことや、ジョン・F・ケネディ(後の米大統領)が現地の村人に救助された逸話が有名である。

 ホニアラ中心部にある警察署の前には一九八九年に建立された「ヴーザ像」が建っている。ジェイコブ・チャールズ・ヴーザ(一八九二年〜一九八四年)は、アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド連合軍に協力して日本軍と闘った現地部隊のリーダーである。ガダルカナルからブーゲンヴィルに至る戦線を闘いぬいた。ヴーザは手に斧を持って身構えながら、北の海を見据えている。日本軍は北からやってきたからである。

 南太平洋大学が調査し、出版した『大量死――ソロモン諸島人は第二次大戦を記憶する』(6)には、九人の証言が収録されている。そのうち、ウィリアム・ベネットとジョージ・マエラは戦争英雄として知られているという。

 ベネットは、一九二〇年、サンタイザベル島のキア村生まれ。父親はニュージーランド人で、母親がソロモン人である。ソロモン行政区ドナルド・ケネディ隊第二指揮官として日本軍と戦った。サンジョルジ島のケバンガや、当時の首都であったツラギや、セゲでの戦闘に加わった。捕虜となった日本兵が、捕虜になるくらいなら自殺しようとしたのに驚いたという。

 マエラは、一九二四年生まれで、英軍ソロモン守備隊の一員として戦った。日本軍が銃剣で脅して村々から食料を強奪していたこと、ジャングルの消耗戦を戦いぬいて生き延びたことが語られる。太平洋戦線における「日本に対する勝利」の代表格として、ソロモンでは有名だという。

 また、アルノウ・ングワディリとアイザック・ガフは、ツラギに空爆してから上陸してきた日本軍との戦いを証言している。日本軍とのジャングル戦の記憶だけでなく、英軍ソロモン守備隊に加わったが、イギリス軍はソロモン人を平等に扱わなかったという。それに比べてアメリカ軍は親切で食料や装備をくれた思い出を語っている。植民地宗主国軍と解放軍の違いであろう。

 『大量死』によると、第二次大戦におけるガダルカナルでの死者は、日本軍一九〇〇〇人、米軍五〇〇〇人、ソロモン諸島人は不明であるという。
 

 以上前田朗氏の記事でした。おなじみの「軍隊のない国」シリーズですね。私はガダルカナル戦(ソロモン諸島)における戦記を立ち読みしたり、ガダルカナル島の戦場に関するネットサイトを見ていたのですが、日本軍兵士に関する悲劇ばかりで、現地住民に関することはほとんどかかれていませんでした。日本軍と連合軍の間で巻き込まれた当時のガダルカナル島民にとってはたまったものではないでしょう。日本軍兵士以上に苦しんだのはガダルカナル島民であることを忘れてはなりません。
ネット上のガダルカナル島(ソロモン諸島)に関する唯一の加害情報といえるのが、
http://www11.ocn.ne.jp/~mino0722/solomon5.html
 
近くにあるコカンボナ村を訪問したのは、8月14日である。
ホワイトリバーまで、一人2ソロモンドル(33円)のミニバスが走っている。
そのから、1qも歩かぬうちにこの村にたどり着く。
戦時中は、日本の兵隊が集結していた地域である。
人々は、素朴で明るい。
たまには、お金を要求する若者・子供もいるが、驚くほど対日感情がよい。
3万人もの日本兵がこの地に土足で踏み込み、食料を求めて村を襲撃した事実もあるのにである。


頭の下がる思いである。 

 
やはり、この地で、日本軍部隊は中国戦線で行ったように、銃剣でもって村落から食料を強奪したのである。書かれてはいないが、村人が抵抗するそぶりを見せれば容易に銃剣で刺し殺したり、何よりも食糧強奪のついでに、村の婦女(老婆も少女、幼女も)に集団で襲いかかり、拉致したり、暴行を加え、集団レイプを繰り広げたことは想像に難くない。ガダルカナルを含むソロモン諸島全体は、戦記などから考えるに、すぐに連合軍の反攻にさらされ、ほかの地域と異なり明確な占領軍政が敷かれたとはいい難い。しかし、ガダルカナル島が餓島と言われて、酷い戦場として有名であるように、日本軍がこの地に駐屯し、連合軍との間で激しい戦闘が行われたのである。日本軍部隊や兵士がジャングルの中で餓死し全滅するなり、撤退するなりでソロモン諸島が解放されるまでの短い期間であるが、大日本帝国・日本軍の占領や被害の苦痛にあったどこの地域よりも言葉を失する阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられたの
だろう。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 01:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 各国民衆の大日本帝国侵略・戦争被害情報コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>3万人もの日本兵がこの地に土足で踏み込み、
>食料を求めて村を襲撃した事実もある

普通に考えて3万人もの兵士が村を襲撃する
わけないだろw
実際、そんな兵士がガダルカナル島で一カ所に
集結していた時期はない。
こういう捏造にすぐ飛びつく恥知らずめが。
しかし「唯一の加害情報」がこれだけなのに

>どこの地域よりも言葉を失する阿鼻叫喚の地獄絵図

と言うことになるんだから相変わらず捏造が
大好きなんだなw
Posted by at 2006年10月29日 07:28
>相変わらず捏造が大好きなんだなw
しかも自覚は全く無いときてる。
討伐され人にとって日本軍の犯罪は世界最悪
の非道な犯罪でそれ以外の国の犯罪は足元にも及ばないってことになっちまってるからね。
反日もここまで来るともはや死ななきゃ直らないなw
Posted by は at 2006年10月29日 09:17
 討伐人さん。手にした情報(ソース)の裏は取りましたか?そりゃ激戦地なんだから、日本軍に限らずどこの国の将兵にも悪事を働く奴は居るだろ?混乱に乗じて略奪位はするよ。人間なんだから。なんか討伐人さんの聞いた話ってのは、米国の影響を色濃く受けた島民の「証言」の様に読めるんだがな。日本でも敗戦混乱期の頃、GHQによるWGIP(ウオー・ギルド・インフォメーション・プログラム)ってのが有ったからな。戦争関係の各種記録・証言(体験談)の類はそうしたプロパガンダの影響を考えてやる必要が有るだろう。その気が無く共、ある意味嘘をついてしまっている事になるからだ。ここが戦時プロパガンダの怖い所である。従って、"証言の受け売り"は危険だ。「証言は物語化する」と言うロフタス博士の言葉も有るしな。
 解って貰えましたか?討伐人さん。
 では、これにて。     
Posted by 懐疑主義者 at 2007年07月07日 14:31

       ☆ チン            
 ☆ チン  〃 ∧_∧   /癡所の右翼討伐人チャソ
  ヽ ___\(\・∀・)<2チ ヤ ソ ネ ルで他人のメ ア ド晒した謝罪まだー ?
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | H A N 板人  .|/
数万円もする研究室の実験器具を壊した事を隠蔽しようとした癖に自からHAN板でバラして罵倒嘲笑を浴びた。

他人のメ ア ドを本人の許可無くHAN板で晒し、スレ住人にたしなめられたが開き直って削除依頼もせず逃走した。

2TIYANNELUの理系板で日本軍悪口雑言板スレ立てをして沈着冷静、頭脳明晰な住人の罵倒嘲笑を浴びた。

2TIYANNELUの海旅板で日本の加害情報求む等と馬鹿なスレ立てをして総スカンを喰らった挙げ句スレストされた。

HAN板で(さば)を(こい)と読んで無知文盲がばれて祭りになった。

理系大学の学生でありながら本を買ったのがたった二冊だけだと平然とほざいてHAN板でスレ住人にあきれられた。

南京大虐殺問題で妄言ほざいたが博覧強記のHAN板住人に全く歯が立たず泣き言を吐いて逃走した。

HAN板で意気揚々とソースに「半月城通信」を引用して大爆笑になった。

自分の専門分野について質問された時に錬金術の如き化学反応式を並べて文系住人さえ絶句させた。

鬼女板と恐れられる既婚女性板にカキコして百戦錬磨一騎当千の鬼女板住人に粉砕されて逆上、「お前らなんて一生結婚出来ないぞ!!」と
既婚女性板住人が化石するしかない捨て台詞を吐いて逃走した。

就職の面接で担当者が一文字姓だった為、勝手に在日朝鮮人と決めつけ、得意満面でこの自慰ブログの如き電波左翼妄言を吐いて見事に落ちた。

民団の掲示版に日本の悪口を書いて賛同を求めたが逆に門前払いを喰らって唖然とする程の癡所ぶりをオチされて侮蔑と嘲笑を浴びた。
Posted by at 2007年10月07日 03:04
雨にも恨み 風にも呪い
雪にも夏の暑さにも妬む
丈夫なエラと吊り上がった不細工な一重瞼をもち 
体だけは頑丈で 色欲は無限大
強姦は男の甲斐性と開き直り
♀とみれば0歳児から90過ぎの死にそうな婆でも平然とぶちこみ 
♀がいなければ♂でもぶちこみ
uriは世界一美男美女と自惚れ そのくせ
容姿に凄まじい劣等感を抱き 母子で揃って整形し
生まれた子供は親に似ても似つかぬ鰓張り面で
Aigooo-!!を連呼して又整形するエンドレス
近親相姦が常態で 遺伝子は欠陥だらけで奇形児が生まれりゃぶち殺し
運がよければ捨て子にし 
脳味噌はカプサイシンの過剰摂取で海馬がいかれ
そのおかげで決して静まらず いつも大声で怒鳴ってゐる
直ぐに発火点に達し あらゆるものに放火してついでに自分
にも着火して大やけどをおい それはイルボソが悪いと責任転嫁し
一日にコーriャn四合と大量のキムチと少しのコチジャ素を食べ
あらゆることを自分の勘定に入れ 1%見聞きして分かったつもりになり
そしてすぐ忘れ 何一つ自分で創造出来ず 全て他人様の劣化コピーしか
出来ず そのくせurinara世界一と斜め上時空でHoruほruし
半島の禿山の陰の小さな萱ぶきのあばら家にゐて
東海に日本の竹島あれば行って旗を立てて威張りちらし
西に宗主国あれば行って三拝九叩頭してそのご機嫌を伺い
南に死にそうなベトコンあれば武器を向けてこわがらなくてもいいと殺し
北に干ばつや飢饉があればつまらないものですがと日本の米を送り
世界中の海図に文句をつけ F5アタックを連発しすぎてKRドメインをはじかれ 
それで勝利宣言する位のTEINOUさをさらし
日照りの時は謝罪を求め 寒さの夏は賠償を求め
全てイルボソのせいにすりゃkesotyanayoで済み
全世界のあらゆる物の起源はuriのものと捏造しまくり
全世界から嫌われ者と呼ばれ 褒められもせず 尊敬もされず
虚仮にされ 嘲笑され 嬲り物にされ 罵倒される 
そういうものに uriは なってるnida

        ∧__∧   ________ 
      <丶`Д´>/ ̄/ ̄/ 
      ( 二二二つ / と) 
      |    /  /  /  
       |      ̄| ̄ ̄
Posted by 北に干ばつや飢饉があればつまらないものですがと日本の米を送り at 2009年02月27日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。