2006年03月20日

東アジアにおける日本軍初の民衆虐殺―甲午農民戦争の史実解明に取り組む 歴史研究者たち 「弾圧」したのは、四国から出征した貧しい兵士たちだった。

とりあえず、過去にあったニュース記事より。おそらく、日本軍が東アジアで行った始めての民衆の虐殺の記事です。

良識派による市民的ニュース総合研究スレ2
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1106654363/の私自身の投降より

甲午農民戦争の史実解明に取り組む 歴史研究者たち
「弾圧」 したのは、四国から出征した貧しい兵士たちだった。
事実と向き合う姿勢を
朝日新聞 マイタウン愛媛 2005年3月3日(おそらく)
http://mytown.asahi.com/ehime/news01.asp?c=5&kiji=571 (キャッシュにも情報なし)
 1894年の甲午農民戦争(東学党の乱) 時、抗日戦線を展開した東学農民軍の指導者を弾圧した日本軍の部隊があった。「後備第19大隊」。 農民軍を朝鮮半島西南端の珍島(チンド) へ追いつめ、指導者数百人を銃などで処刑。さらし首にし、遺体は路上に放置したとされる。その部隊を構成した約2千の兵士は、四国4県から徴兵された貧しい小作人や人力車夫、職人たちだった。

 この事実は、最近になってようやく日本で知られるようになった。調査を進めたのは北海道大学文学部教授の井上勝生(59) だ。

 井上は四国の図書館から、19大隊の出征の背景や戦況を伝える新聞記事を見つけた。どうやって戦勝を収め、日々何人の農民軍を殺したか、預ける先のない子を殺してまで国のために出征した兵士の気持ちはどうだったのか−−。そこには、兵士が郷里に向けて書いた手紙などが掲載されていた。

 明治維新史が専門の井上がこの問題にかかわり始めたのは、95年7月。きっかけは、退官した北大文学部教授の研究室から、古新聞に包まれた遺骨6体が見つかったことだった。1体に「韓国東学党首魁(しゅかい)」と墨書きがあった。添付の文書には、処刑された農民戦争の首謀者の遺骨を1906年の珍島視察に際して「採集」した、とあった 。

 このことが新聞などを通じて報道され、死者の尊厳を踏みにじる日本人の行為に当時、韓国側から大きな反発が起きた。学内の調査委員に指名された井上は「遺骨が来たルートを調べ、丁重に返すことが最低限必要だ」と感じた。

 珍島に足を運び、北大前身の札幌農学校の卒業生も調べた。そして遺骨を持ち出したのは農学校の卒業生で、珍島の綿花栽培試験場を監督する統監府の日本人農業技手だったことを突き止めた。

 翌96年、井上は「石をぶつけられる覚悟」 で遺骨返還のため訪韓。北大側は真摯(しんし) に非礼をわびた。韓国の民間団体は「正しい相互認識と新たな日韓関係を築く契機に」 と前向きに受け入れてくれた。

 日韓の研究者が協力し合い、珍島での日本軍による農民軍弾圧について調査を始め、新事実を明らかにしていった。

 ソウルでは、日本軍の珍島侵入を示す後備第19大隊長の資料を発見。また朝鮮政府による要請という形をとり、農民軍殱滅(せんめつ) を命じた司令部の訓令も見つけた。「日本軍による東アジアで初の民衆虐殺」 が明らかになった。

 井上は研究者としてこう考えている。「なぜ韓国で今も対日批判の声が根強いのか。日本が与えた被害が何も調査もされず、知られていないままだからだ。逃げずに向き合う姿勢があれば、理解してもらえる」

 松山在住の歴史研究家で、県歴史教育者協議会委員長の古谷直康(70)は、井上が資料収集のため来県した03年春から、この問題について関心を持って見つめてきた。井上が見つけた記事を読むと、やりきれない思いに駆られるという。

「南予は幕末の農民一揆が盛んだった。貧しさに耐え、決起した思いは韓国の農民軍と同じだったはず。それが残虐な弾圧を加える立場になった。戦争の皮肉です」

 古谷は9月18日に井上を松山に招き、講演会を開く。「愛媛にとって不本意な歴史でも、21世紀のアジアにおける愛媛のあり方を考える上で、知らなくてはいけない事実だ」

 甲午農民戦争 1894(甲午) 年、腐敗した封建政治と外国侵略に抵抗し、朝鮮南部を中心に農民が蜂起した。鎮圧のため朝鮮が清に援軍を求めると、日本も出兵し、日清戦争が勃発(ぼっぱつ)。近代装備を整えた日本軍に農民軍は惨敗し、死者3万人が出たとされる。

 日本の支配の視点から「東学党の乱」 と呼ばれたが、民衆革命的な性格から「甲午農民戦争」「東学農民革命」 などとも呼ばれる。


考えさせられる記事でした。愛媛という県は幕末の際、農民が決起したが、それは「甲午農民戦争」で決起した朝鮮南部の農民たちと決起した思いは一緒だった。しかし、この朝鮮の農民の反乱への鎮圧への日本軍の動員で歴史の皮肉で加害者になってしまった。今から一世紀以上前の出来事だが、愛媛や北海道をはじめとする良識派の償いへの動きには賛同したい。また、皮肉なことだが、日本軍の国外初の民衆虐殺に動員されたのは四国の貧しい農民たちで、明治体制下の抑圧と貧困の中にあった被害者たちだった。この思いを同じとする決起した朝鮮半島の農民たちを虐殺したのだ。『処刑された農民戦争の首謀者の遺骨を1906年の珍島視察に際して「採集」した、とあった 』とあるように、初期の大日本帝国の日本人はすでに死者に対する尊厳など全くなく、平気で踏みにじることができたのである。このことが今後の朝鮮半島や満州、台湾の植民地支配、そしてアジア・太平洋戦争で占領した地域での日本軍占領支配でいかに発揮されたのか、もはや言うまでもないでしょう。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 01:52 | Comment(25) | TrackBack(8) | 各国民衆の大日本帝国侵略・戦争被害情報コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
       ☆ チン
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
       ☆ チン
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
       ☆ チン
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
       ☆ チン
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
       ☆ チン
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
       ☆ チン
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
Posted by at 2006年03月21日 00:52
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
           
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 討伐人よ、2ちゃんねるで他人のメアド晒した謝罪まだー
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | ハソ板人      .|/
Posted by at 2006年03月21日 00:56
朝鮮人は弱いから殺されて当然
ハン万年属国マンセー
どの道ロシアにジェノサイドされて終わりさw
Posted by at 2006年03月21日 09:01
『朝鮮紀行』(イザベラ・バード)

「このように堕落しきった朝鮮の官僚制度の浄化に日本は着手したのであるが、 これは困難きわまりなかった。
名誉と高潔の伝統は、あったとしてももう何世紀も前に忘れられている。
公正な官吏の規範は存在しない。日本が改革に着手したとき、朝鮮には階層が 二つしかなかった。
盗む側と盗まれる側である。そして盗む側には官界をなす膨大な数の人間が含まれる。
搾取と着服は上層部から下級官吏にいたるまで全体を通じての習わしであり、 どの職位も売買の対象となっていた。」

「日韓関係の近現代史」  自由主義史観研究会会員  
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/index-jkorea.html



<併合前の半島>
1.第一印象、住居等
イザベラ・バード:1894年始めてソウルを訪れたバードはソウルについて次のように述べている。58−60頁

「北京を見るまで私はソウルこそこの世で一番不潔な町だと思っていたし、 紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどいにおいだと考えていた。
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さは実に形容しがたい。
礼節上2階建ての家は建てられず…」

「こういった溝に隣接する家屋は一般に軒の深い藁葺きのあばら屋で、
通りからは泥壁にしか見えず、ときおり屋根のすぐ下に紙をはった小さな窓があって人間の住まいだと言うことが分かる。
又溝から2,3フィートの高さに黒ずんだ煙穴がきまってあり、
これは家の中を暖めるとと言う役目を果たした煙と熱風の吐き出し口である。」

「瓦屋根の反り返った上流階級の家屋でも、通りから見た体裁の悪さと言う点ではなんら変わりがない。」

一方日本は・・・
「人々はみな清潔で、食料も十分にあり、幸福そうであった。
 これまでにみたどの国にもまさる簡素さと正直さの 黄金時代をみる思いであった。」

Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:03
読者は朝鮮人の無気力、怠惰、居候根性、貧しさをつぶさに観察されたことに なるが、このため朝鮮の独立はきわめて困難で、将来を望むことが難しい。
            「三十年前の朝鮮」 ビショップ夫人



「朝鮮の両班は、まるで支配者か、暴君のごとくふるまっている。両班は、金がな くなると、使者を送って商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金を出せば釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行され投獄され、食物も与えられず、 両班が要求する額を支払うまでムチ打たれる。両班の中で最も正直な者たちも、多かれ少なかれ、自発的な借用のの形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺か れる者は誰もいない。なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかって、ないからである。彼らが農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの 場合支払いなしで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止する守令は一人も
いない。」      マリ・ニコル・アントン主教


両班はキセルですら、自分で持つことをせず、徹底して何もしないのが習わしで あった。」
「両班はいつも借金で首が回らず、何かちょっとした官職の一つでも回ってこない かと首を長くしており、それを得るために「あらゆる卑劣な手段な行為」をつくし、それでもなお、望みがかなえられない場合には飢えて死んでしまう。」
           イザペラ・ルーシー



朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、、頑迷な朋党は、人民の財を略奪して いる.その上、人民はあまりにも愚昧である。これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。
    アメリカ人の朝鮮外交顧問  ドーハム・スティーブンソン


併合前の朝鮮は地獄だったといってよい。
              玄永燮


『朝鮮亡滅』(ホーマー・ハルバート)
「(李朝期の司法について)裁判は金次第でどうにでもなり、多額の金を提供するか、 裁判官を畏怖させるほどの有力者を後ろ盾にもっていることを見せつけるかしたほうが、必ず有利な判決にありつけることが世間一般の常識になっている。
 この国では、富と官職とは、事実上は同義語である」

Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:03
朝鮮の両斑は、いたるところで、まるで支配者か暴君のごとくふるまっている。大両斑は、金がなくなると、使者を送って商人や農民を捕らえさせる。
その者が手際よく、金を出せば釈放されるが、出さない場合は、両斑の家に連行されて投獄され、食物も与えられず、両斑が要求する額を払うまでムチ打たれる。両斑の中で最も正直な人たちも多かれ少なかれ自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺かれる者はだれもいない。なぜなら両斑たちが借用したものを返済したためしが、いまだかってないからである。
彼らが農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの場合、支払いなしですませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守令は一人もいない。
  「朝鮮事情」 マリ・ニコル・アントン・ダブリィ主教


 李氏朝鮮の残酷な死刑や拷問に対して 
 「こんな状況がまだこの地球の片隅に残されていることは、人間存在 そのものへの挑戦である。とりわけ、私たちキリスト教徒がいっそう恥じるべきは、異教徒の日本人が朝鮮を手中にすれば真っ先にこのような拷問 を廃止するだろうということだ」


       「両斑」についての酷評!
「人の目に労働と映るなら、出来る限りそれから遠ざかろうとする。自分 の手で衣服を着てはいけないし、煙草の火も自分で点けてはならない。そば手伝ってくれる場合は別として、馬の鞍に自分でのぼるべきでない」
     アーソン・グレブスト「悲劇の朝鮮」


 「彼らはいつも借金で首が回らず、何かちょっとした官職の一つでも回って こないかと首を長くしており、それを得るためにあらゆる卑劣な行為をつくし、それでもなお望みがかなえられない場合には飢えて死んでしまう」
 イギリス人旅行家 イザベル・ルーシー・ビショップ夫人
Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:06
韓国知識人の主張によれば、有史以来、千回も侵略を受けたが、すべて撃退した という。
しかし、前述のように嘘である。ほとんどの場合、徹底的に叩かれ
連行を免れた者は属国の従順な民となって、宗主国に阿諛迎合したのである。
 唐軍も、モンゴル軍も満州軍の侵入のときも、その負け方は、たいてい似たり寄 ったりである。
それは新羅史、高麗史、李氏朝鮮史と諸史の原典記録を一読すれば細かく記述されている。
中国諸史だけでなく、朝鮮半島の歴史も大同小異である。
 韓国知識人の多くは、なぜ歴史を直視する勇気がないのであろうか。

 朝鮮半島の歴代王朝の国防政策は、たいてい専守防衛だから、兵数が少ない。
李朝末期は数千人の単位程度で、ほとんど宗主国の防衛に頼りっぱなしだから北方 から異民族が侵入してくると
、たいていは城を棄てて逃げ惑い、農民はわめき、哭くばかりであった。
 たいがい敵が侵入してくると、各地方の軍隊は総崩れとなり、地方の長官は競って 土地を献上し、帰順するか、
逆に敵軍に従軍し、火事場泥棒を働く者も少なくなかった。
宗主国をかさに、高麗や朝鮮国王にゆすりたかりを働き、一族の利益を図るのが、朝鮮 半島の鉄則のようなものだ。
千余年来、たいてい同じようなことを繰り返したのであった。
 だから千年進入され、千回とも敵を撃退したのではなく、
属国になると誓ってから宗主国が兵を引いたという歴史事実が繰り返されている。
 ではなぜ戦後になると韓国知識人の歴史歪曲が、日を追ってますます神話まがいのものまでに変化していったかというと
それはどの民族も自存自衛のために欠かせない民族の自尊心にある。
              

 韓国は壬辰倭乱(豊臣秀吉公の朝鮮征伐のこと)で焦土と化した。
だから 三百年もへても立ち直れなかった。いやがうえにも倭乱のひどさを強調したいという気持ちはわからないでもない。
しかし、考えてもみると、一回の大乱 だけで三百年も立ち直れない民族は、世界中のどこにいるのか。
もしあるとすれば、もっと恥を知るべきであろう。戦後、焦土化した日本は半世紀もたたず に再び経済大国になったではないか。
千回も侵略され、すべての侵略者を撃退したという自慢話と、
三百年も立ち直れないでいるという論理を矛盾すること もなく主張することに自己撞着はないのであろうか。
 韓国知識人はつねにこのような歴史歪曲で「反日」を正当化する。
         韓国人の反日台湾人の親日 黄文雄 光文社

Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:07
中央日報 2002.02.24 19:29

「韓国戦争中にも軍慰安婦存在」韓国教授が主張
 日本軍の慰安婦制度を真似た慰安婦制度が、韓国戦争当時、韓国軍にもあったという主張が提起されたと朝日新聞が24日報道した。

 韓国の慶南(キョンナム)大学の客員教授の金貴玉(キム・キオック、40)氏は、23日京都の立命館大学で開かれた国際シンポジウムでこのように発表したと同新聞は伝えた。

 金教授は「1996年以後、5年間『直接慰安所を利用したことがある』、『軍にら致され、慰安婦になった』など男女8人の証言を聴取した」と明らかにした。

 金教授はまた「韓国陸軍本部が1956年編さんした公文書『後方戦史』に『固定式慰安所−特殊慰安隊』と記録された部分を発見し、これには4カ所で89人の慰安婦が1952年に限って20万4560回の慰安活動をしたという統計資料が添付されていた」と同新聞は付け加えた。

 一方、国防軍事編纂研究所の関係者は『当時、軍は売春婦と合意の下で場所を提供した。また慰安行為の対価は部隊運営費から支給されたと聞いている」とし「しかし、日本の植民地時代に日本軍が人権を無視し、一般庶民を強制に連れてきて運営した従軍慰安所とは違う」と説明している。

東京=呉デ泳(オ・デヨン)特派員 < dayyoung@joongang.co.kr >

Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:19
フィリピン当局、自国女性に「韓国人警戒令」
 フィリピン当局が最近、自国の女性たちに韓国人警戒令を発令した。

 24日、駐韓フィリピン大使館によれば、働き口を求めて韓国の宗教団体の結婚斡旋またはE6(就業)ビザを通じ韓国旅行に応じた場合、非良心的なブローカーにより犠牲となる可能性があるため、特別な注意が必要だという内容の公文を作成し、韓国に居住する自国女性たちに緊急配布している。

 韓国政府関係者は、「フィリピン当局のこうしたジェスチャーは、『韓国は人身売買が横行している国』という認識に基づいたもの」としながら、「保護装具もなく毒だらけの作業環境で働くよう強要された、いわゆる『神経麻痺』にかかったタイ人の女性労働者事件に続く(韓国社会の)恥ずかしい断面」としている。

 フィリピン当局は韓国人男性との国際結婚についても懸念を表明している。

 アラディン・G・ビラコテ駐韓フィリピン大使は同公文で、「韓国男性と結婚すればより豊かな生活ができるという誘惑に落ち、韓国に来たフィリピン女性たちが結局、風俗店やクラブに引き渡され、悲惨な境遇に置かれたケースを時々見た」と注意を呼び掛けている。







Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:20
妊娠中絶35万人…既婚女性3人に1人
 きわめて制限された場合を除き、不法な妊娠中絶が盛んに行われている。

 高麗(コリョ)大学医学部キム・ヘジュン教授チームが保健福祉部の依頼を受けて調査した結果、韓国で年間35万件の妊娠中絶手術が行われると推測された。

 キム教授チームは全国産婦人科病・医院200カ所を対象に2カ月間の妊娠中絶手術件数を調べ、その結果をもとに全国妊娠中絶規模を推定した。未婚女性まで含む妊娠中絶実態を調べたのは今回が初めてだ。

 また既婚女性3人に1人の割合で妊娠中絶手術経験があるということもわかった。

 妊娠中絶が盛んに行われる理由はさまざまである。妊娠中絶をたやすいことだと思う風潮が蔓延しているところに、医者たちがこれをほう助している現状がある。

 また根強い男児選好思想、未婚の母の子育てがしにくい環境なども妊娠中絶を選択する要因だ。

 ◆盛んに行われる妊娠中絶=キム教授チームが調査した200カ所の病院で5月から2カ月間、5679件の妊娠中絶手術が行われた。

 これをもとに全国産婦人科病・医院(約2000カ所)の手術件数を推測した結果、年間妊娠中絶件数は35万590件に達することになる。昨年生まれた子供(47万6052人)の73%の数に値する子供が世の中を見ることができなかったということだ。

 妊娠中絶件数には既婚女性(20万3230件)だけでなく未婚女性(14万7360件)の妊娠中絶も含まれている。

 またキム教授チームが8月、妊娠可能な女性4千人を調べた結果、既婚女性の36.6%(未婚は4%)が妊娠中絶経験があると答えた。妊娠中絶の理由としては、既婚女性の75%は願わない妊娠をしたり、年の差をコントロールできなかったりしたためだと答えている。未婚女性の95%は未婚または、未成年者である点を(理由として)上げた。

 ◆賛否論争加熱=妊娠中絶が蔓延した理由はこれをたいしたことでないと思う風潮に医者たちのほう助などが絡まっている。

 妊娠中絶反対運動連合チェ・ジョンユン事務局長は「性開放風潮拡散で無分別な性交渉が増え、これにより妊娠中絶が盛んに行われている」と診断した。

 チェ事務局長は「妊娠女性の健康を害する場合を除いては、これを禁じ、妊娠中絶を強力に取り締まらなければならない」とした。

 妊娠中絶を許さなければならないという意見も多い。

 キム教授チームが調べた妊娠可能女性4千人のうち85.1%は妊娠中絶を許すべきと答えた。

 また弁護士と法学部教授237人を対象にした質問でも96.6%が妊娠中絶に賛成していることが明らかになった。

 政府の態度は不明瞭だ。例えば政府は出産率を高めるために出産前の奇形児検査費を一部支援しながらも、検査で奇形児として診断された場合、どのようにするべきか規定を作っていない。

シン・ソンシク記者 <ssshin@joongang.co.kr>










Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:20
「人身売買の国」のレッテルを張られたコリア

 フィリピン政府が米軍基地周辺の繁華街でホステス業や売春などを強要された自国女性に代わって、韓国のオーナーを相手取って損害賠償訴訟を準備している中、今回は駐韓米軍が部隊周辺の繁華街などに対する取り締まりを韓国警察に公式的に要請してきた。

 世界の各国に駐屯している米軍の中で、該当国家にこのような要請をした前例がないだけに、これ程の“恥さらし”はない。

 先日、国際移住機関(IOM)ソウル本部が公開した「東豆川(トンドゥチョン)繁華街フィリピン女性11人の監禁売春報告書」は韓国人であるという事実さえ恥ずかしくなるようなものだった。

 「友人が韓国人のお客に殴られて痣ができた。お客と外出することを嫌がると、社長に怒鳴られた。韓国人は皆、セックスマニアックだ。おお神よ・・・」このうち1人の女性が書いた日記を読むことには苦痛を感じる。

 オーナーラはこのようなフィリピン女性達を芸術興行(E-6)ビザで連れてきて、まずパスポートから取り上げた。店の中に閉じ込めておいて、ホステス行為や売春を強要した。暴言や暴力はもちろん、月給も与えなかった。まるで「ヒル」のようだ。

 一体、管轄警察と監督官庁、政府当局はすぐ近くで横行しているこのような行為をなぜ見つけることができなかったのか。今回も取り締まり人力の不足だの、一部の悪徳オーナーの悪行だのと、弁解だけを繰り返すつもりか。

 韓国は昨年、米国の国務部から「人身売買」をする人権3等国という恥ずかしい評価を受けたことに続き、今回の国際移住機関の東豆川報告書までジュネーブ本部に提出され、再び、不道徳な人権蹂躙国という汚名を得た。

 政府はこれ以上、一過性の対策で適当に終わらせてしまうのではなく、このような問題を解決できる長期的な対策を樹立しなければならない。

 その対策は米軍基地周辺で働く者ばかりではなく、外国人労働者全般の労働力需給と管理システム、そしてグローバル基準の人権保護を盛り込んだものでなければならない。韓国がまともな人間扱いを受けるためには自分から他人を“まもとな人間扱い”することを知るべきだ。
Posted by 朝鮮右翼討伐人 at 2006年03月21日 09:21
南太平洋の島「キリバス」の女性運動家が見た韓国人男性
 「キリバス(Kiribati)では、性が乱れた人たちを『コレコレア』と呼びます。韓国人男性により植え付けられた、韓国の醜いイメージを象徴しています」キリバスの女性運動家マレー・テケネネさん(Maere Tekenene・47)は、電話インタビューを通じ、このように話した。

 キリバスは太平洋中部にある小さな国だ。面積は800キロ平方メートル余りで、約10万人が住んでいる。

 1980年代半ばから、韓国漁船は太平洋で最も広い海域を有する国の一つであるキリバスで操業を始め、数百人の韓国人がキリバスに在留するようになった。

 問題は、これらの韓国人たちがキリバスの女性、特に、幼い少女を買春することだ、とテケネネさんは話した。少女たちの多くは家が貧しく、わずかな金やラジオなどの家電製品、ひどいケースになるとタバコをもらっただけで売春するという。

 「韓国人たちは、現地の女性を自分たちの船の甲板や、薄暗い防波堤の後ろに連れて行き、関係を持ちます。このため、防波堤の物陰のことを『コレコレア』と呼んだりします」。

 テケネネさんは「2年前、韓国人男性の買春行為が問題となり、キリバス議会で対策会議まで行われたことがある」とし、「各種市民団体や教会でも、行き過ぎた性売買を減らすための方法を探っているのが実情」と話した。

 韓国人男性の子どもを妊娠した幼い少女もまた、キリバスの社会問題となっているとテケネネさんは語った。









Posted by at 2006年03月21日 13:46
海外での「醜い韓国人」、政府が対策会議開く

【ソウル15日聯合】韓国人が海外で酒酔いや売買春、暴力行為などの問題を起こし犯罪に発展するケースが増加していることから、政府は14日に対策会議を開いた。

 外交通商部の張哲均(チャン・チョルギュン)在外国民領事担当大使の主宰で開かれた対策会議には、外交通商部、法務部、文化観光部、労働部、教育人的資源部、国政弘報処、警察庁から課長クラスの実務者が出席した。政府関係者は15日「このような行為は韓国人や韓国の対外イメージを傷つけ、国益に悪影響を及ぼす恐れがある。14日の会議は、対策の必要性を訴えるための場だった」と説明した。

 この日の会議では、海外でのケースだけでなく、国内の不法滞在者や外国人労働者に対する賃金支払いの遅延、差別行為など、人権侵害についての指摘もあったという。政府は、今後も話し合いを続けた上で、結果を来月までに首相主宰の国政懸案政策調整会議に提出する方針。これに先立ち外交通商部は、韓国人観光客がモンゴルで醜態をさらしているという一部メディアの報道に関連し、来月モンゴルに調査団を派遣するほか、在外公館にも該当地域の実態を把握するよう指示している。

 韓国人の問題行動としては、9月にロンドン行きの航空機内で韓国人乗客が暴れ、英国に到着した後現地警察に逮捕されたほか、今年初めには、韓国人観光客が香港の空港内で免税店のコニャックのサンプルを盗んで摘発されるケースなどが相次いでいる。















Posted by at 2006年03月21日 13:47
"… などは、子供を出産して二日目に銃で射たれて亡くなりました. 彼女の子供は軍靴で踏み潰され、まだ血が流れていたお母さんの胸の上に投げ捨ててありました. 妊娠8ケ月に達していた友人は銃弾が貫通して亡くなり, 子宮が外に出ていました. 韓国兵は一歳になる子供を背負っていた娘を射ち殺して, 子供の頭を切り取って地面に放り投げ, あとはいろいろな形に切り出してくぼみに捨てました.

彼らはまた、二歳の子供の首を折って殺し, ある子供のからだを持ち上げて、樹に投げつけて殺した後、焚き火に乗せました. そして、12歳の私は脚を射たれて倒れ、くぼみに捨てられたのです…"


パンランで別れて二日ぶりにクィニョン市を調査中の‘私と私たち’一行から電話がきた. “見つけました! 当時調べた、現人民委員会 主席の話です.” 1966年 3月19日と20日の二日間にわたった‘ベトナム中部各地の戦争犯罪調査会議’で韓国軍の罪悪性を毎々に明らかにした話だ. “手にしている、この資料がますます 恐ろしくなりますね. ひょっとすると、わたしたちはこの資料をもっと補充しなければならないかもしれません. ビンディンソンを中心にこの資料に紹介された4地域だけでなく、韓国軍の虐殺現場が他にももっとあるというのです.” 当時の報告によれば、66年 1月23日から 2月26日までの約一ケ月間、猛虎隊 3個小隊, 2個保安大隊, 3個民間自衛隊により、この地域だけで、計1200名の住民が虐殺されて, そのなかにはひとり残らず抹殺された家族が8世帯にもなった. また、1535軒の家屋と850万tに達する食料が焼き払われ, 649頭に達する水牛が銃弾によって死んだり焼き殺された.

Posted by at 2006年03月21日 13:52
このような捜索掃討作戦は、一次的にじゅうたん爆撃等で作戦地域を公開して, 韓国軍等の地上軍が現場に投入されて村に残っている住民たちを即決処分した後、家を燃やしてブルドーザー等で村全体を押し潰す方式で展開した. 生存者の韓国軍に関する証言で共通な点は, 無差別機関銃乱射, 大量殺戮, 妊産婦, 女性に対する強姦殺害, 家屋への放火などだ. 生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる.

-住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する.

-住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす.

-子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む.

-女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す.

-住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる.

韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた. 老人たちの口にはタバコが咥えられていた場合が多かった. 恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ.


果して、あなたたちに真の反省はあるのか


私たちにもベトナム戦は忘れたい戦争だ. 韓国は1964年、医療支援団とテックォンド教官等、270余名をサイゴンの南のプンタウに派遣することによってベトナム戦に軍事的な介入を始めた. 以後、65年から73年まで、約30万名の戦闘部隊を‘ベトナム政府の要請’という美名の下、ベトナム戦線に投入した. この過程で韓国軍も4960余名が戦死して、10余万名が負傷した. しかし、韓国軍はまた、敵軍のベトナム人を4万1450名も殺す全勝(?)をおさめもした. 我が軍の死者数の10倍に達する敵軍を戦死させたのである. それも、公式的な統計上でだけ!

そして戦争は終わった. しかし、終戦24年を迎える、この瞬間にも地球上のあちらこちらからは新しい銃声が響いている. 韓国ではコソボでの人権を叫ぶ声も高い. 20世紀の傷が癒える前に、21世紀のまた違う傷ひとつを産んでいるのだ. 加害者も被害者も傷ついた‘今日’を治癒する過程なしでは、私たちに未来はないだろう. たとえ、それが良心にメスを入れる痛みを通じてだけ可能になるとしても.

歴史は私たちに疑問符ひとつを投げかけている.

果して、あなたたちに真の反省はあるのか.



ホーチミン・パンラン=ク・スジョン 通信員


vninfobank@hcm.fpt.vn


ハンギョレ21 1999年 05月 06日 第256号 .

Copyright 1995-1998 ハンギョレ新聞社
webmast@news.hani.co.kr
Posted by at 2006年03月21日 13:52
哀れな人のブログ
Posted by R at 2006年03月23日 12:21
俺が19歳の頃の話です。
高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、
気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしていました。
その頃の遊び仲間は高校の時の友人グループがいくつかあり、
その日もその内のひとつのグループの奴の家に集まり、だらだらと遊んでいました。
そのグループの連中は、地元では結構有名な悪い奴らの集まりでした。
俺はケンカも弱いし、バイクも持っていなかったけど、
そのグループのリーダーが幼馴染で家も超近かったため、たまに遊んでいました。

夜もふけてきたので、俺達は肝試しに行くことにしました。
皆幽霊なんて信じていなかったし怖がってもいませんでしたが、
行く途中女の子でもナンパできたら、連れて行こうぐらいの軽いノリでした。
一人がバンで来ていたのでそれに6人全員で乗り込み出発です。
幾つかある肝試しスポットのうち、一番近い所に向かいました。
Posted by プ at 2006年03月23日 12:26
そこは山の中にある墓場で、頂上に向かって墓場が広がっています。
入り口に降り立ったとき、その墓場の一番上に何か白い影が見えました。
よく見るとそれは2人の人間で、近付いてみるとまだ中学生ほどの少女でした。
髪は長くパサパサで、手入れをしている様子はなく、
まるで人形の髪のようだと思ったのを今でも覚えています。
顔にも髪がかかり、表情は読めません。
顔のつくりは違いましたが、2人ともそっくりに見えました。
白く見えたのは、夏服のセーラー服姿だったからです。
いったいどこから来たのでしょう。
あの場所から出てくるには、車でもっと山の上まで登らなくてはならないはずです。
なのに2人には連れがいる様子もありません。
どんどん近付いてきます。



Posted by at 2006年03月23日 12:27





「おまえらホンマにここか?家の前まで送ってくぞ。」
Mがいいましたが少女達は「ここ」とだけいって車を降りました。
そこはちょうどさっきの丘の上の神社の裏側のようです。
クネクネとしてきたので結構走ったように感じましたが、そんなに走っていないようです。
もう皆十分気味わるく感じていたし、もう義理も果たしたと言うかんじで車を走らせようとしました。
その直後Kが「あれ見てみろ!」と叫びました。
2人の少女はさっきの神社のある丘の、裏側にある登り口のような、
林の中にぽっかりあいた穴に向かって歩き出しています。
「あいつらまた登る気や」Mがクラクションを鳴らしました。
すると映画のワンシーンのように、ゆっくりと少女達は振り返りました。
首を少しかしげて、左右対称に。
暗くて目はわかりませんが、なぜかうっすら笑っているように見えました。
でも俺には2人の口の端に同じようによだれが光っているようで、
思わず「逃げろ!!」と叫んでしまいました。
後は一目散に車を走らせました。Kがブツブツ又何か行言ってます。
「だからあの神社じゃだめだったんだ。」
「何がダメなんだよ!!」思わずいらいらして俺は叫んでしまいました。
「あの子達の身長じゃ、高い杉の木の枝には届かない・・・吊れないよ・・・首・・・」
ぞっとしました。
Posted by プ at 2006年03月23日 12:29
「アホなこというなっっ!!気味わりい!!」他の友人の声もうわずっています。
今まで黙っていたDが、気が付いたように言いました。
「なあ、衣替えっていつや?もう11月やで。あの子らなんで夏服のセーラー服きてたんや。」





その後どうなったかは知りません。
確かその日は皆でMの家にとまり、夕方夕刊を恐る恐るチェックしたように思います。
たしか、自殺者発見の記事も、行方不明者の記事もなかったと思います。
ただKだけが眠れなかったようで、ずっと部屋の隅でうつろな目をしていました。
その後、そのグループの奴らと遊ぶこともたまにありましたが、
その日のことはなぜか誰も口にしませんでした。
そして、あの日以来、俺はKに会っていません。
もともとそのグループの奴じゃなかったので、他の皆もそうのようでした。
ただ俺は、Kがブツブツいってた
「罠や、罠や、これなんかの罠や。俺達連れて行かれてるんや。」 を思い出し、
「連れていかれてたらどうしよう」とおもい、そう思った自分自身にぞっとしています。
あの呟きを聞いたのは、俺だけだったから。






































よく考えたら、ふつうこんな人気のない墓場で不良グループに遭遇したら向こうも怖いはずです。
しかし彼女達は無表情のまま俺達の目の前に来て止まりました。
いいようのない恐怖が襲いました。
理屈ではありません。ただぞっとするというのはこのことだと思います。
それは他のメンバーも同じようでした。
「おまえらどっから来たん?」
リーダーのMが聞きました。
2人は無表情のまま、ゆっくりと同時に山の頂上を指差しました。
どっと嫌な汗が吹き出ました。
するとそこに、どこからともなく犬が走ってきました。
しかもその犬白内障なのか、目が白く濁っているのです。
あまりにもタイミングよく現れたので、危うく叫びそうになりましたが、
すぐ後ろから飼い主らしきおじいさんがやってきました。
そのおじいさんはこの近くに住んでるらしく、いつもこの道を散歩コースにしているそうです。
おじいさんの散歩に付き合うように、自然に俺達6人と少女達は歩き始めました。
おじいさんと少女達が前を歩き、何か話しをしています。
おじいさんは土の盛り上がったところをガシガシ蹴飛ばしながら、
「ここ、無縁仏の墓や。そこに卒塔婆がたおれとるやろ。」といいました。
そして又少女達と言葉を交わすと、俺達のほうを振り向きもせずに去っていきました。
唖然とする俺達の所に少女達がやってきて、初めて口を利きました。
「いまおじいさんに聞いたんやけど、この先にもっと怖い場所があんねんて。
のろいのわら人形がぎょうさん見つかる所。行ってみいへん?」
正直俺は行きたくなかったけど、中学生の女の子が行くというのに
「いや、おっかねえからやめとく」とはいえません。
結局女の子達をバンに乗せ、行ってみることにしました。





その間俺達は色々話し掛けました。なぜあんな所から出てきたのか。
当時女の子をナンパして乱暴し、山の中腹で置き去りにするという「六甲おろし」がはやりだした頃でした。
「もしそんな目にあっているなら、協力できることがあるならするぞ。」
Mが一生懸命話し掛けても、彼女達は無表情に前を向きながら首を振るだけで、
道を案内する以外は口を利きません。
とても乱暴されたようには見えませんでした。
でも何か理由があってほしかったのです。あんな山中からこんな子供が出てきた理由を。
Posted by プ at 2006年03月23日 12:29
しかし彼女達はお互いも話さずたんたんと道を案内するだけです。
とうとう目的地の神社に着きました。はじめてくる所です。
さっきの場所より何倍も不気味な所です。
高い杉の林に囲まれた小さな神社でしたが、
彼女達はその神社のさらに奥の杉林に入っていきます。早足で。
Kがつぶやきました。
「あの子達って、あのおじいさんに聞いて今日はじめてくるはずやんな。
なのになんであんなにスタスタ進むんや。2人とも車の中で一言も相談してないのに、
迷いもせず同じ方向に進んでいってるで。」
ぞっとしました。しかしここで2人を置いて逃げるわけにはいきません。
慌てて後を追いかけますが、その足の速いこと。大人の俺達が小走りになるほどです。
イキナリ2人が立ち止まりました。黙って目上の高さを指さしています。
見ると指差した先の杉の木に、釘をさしたような穴が無数にあいています。
いえ、よく見回すと、そのあたりの木のほとんどに穴があいています。
そして、とうとうわら人形も見つかりました。
絶句する俺達をよそに、彼女達は相変わらず無表情で、何も言いません。
「もう返ろうぜ、つかれただろ、おまえらも送ってやるから」
Mが恐怖を隠すように言いました。しかし彼女達はこういったのです。
「ここじゃダメだね。もっといいところがあるから行こう。」



絶句しました。
「もうやめようや。」とうとう俺は言ってしまいました。
しかし皆大の男が中学生に言われて怖がるわけにはいかないようです。
「分かった、行こうや。」
その一言で、少女達はきびすを返すように今来た道を引き返しました。
慌てて俺達は後を追います。
Kだけが俺の意見に賛成らしく、真っ青な顔をしてブツブツつぶやいてます。
「罠や、罠や、これなんかの罠や。俺達連れて行かれてるんや。」
Kの真っ青な顔と、ブツブツ繰り返す言葉に、今度はKのことまで怖くなってきてしまいました。
皆でバンに乗り込みました。Mがカーステレオをつけようとしても壊れたのかつきません。
嫌な沈黙が続きましたが、皆口を利きませんでした。ただ少女たちの道案内だけが車内に響きます。
ついた場所は小高い丘の上にある神社でした。
その神社に着くには、その丘を左右対称に包むようについている階段を登るのです。
左右どちらから登っても多分同じくらいの距離です。
少女達は無言のままそれぞれ左右に分かれて登り始めました。
車の中でも打合せはしていないし、降りてからも2人は目配せや合図をすることなく、
迷わず別の道に向かっていくのです。
もちろんその神社に続く階段はうっそうとした林に囲まれ、
普通の女性なら複数でいても行きたがらないような不気味さです。
その階段を、まだ中学生の少女が迷うことなく恐れることもなくスタスタと歩き出すのです。
明らかにおかしいです。
慌てて俺達も3人づつに分かれて、それぞれ少女達の後を追いました。
俺はガマンできず、前の少女に話し掛けます。
「おまえらちょっとおかしいぞ、何であんなああ処にいたんや。
肝試ししてるにしては全然こわがってないし。なんであんな所にいたんや?」
答えない少女にいらいらしながらしつこく聞きました。
あまりにもしつこく聞いたせいか、彼女はこうつぶやきました。
「私ら・・・死ぬ場所探してんねん・・・」
そのとき初めて彼女は俺の目を見ました。しかし、俺の目を見ているというより
俺を透かしてはるか遠くを見ているような眼でした。
そしてうっすらと笑いました。その少しあがった口の端に、よだれがかすかに光っています。


全身に水を浴びたような気持ちです。他のメンバーを見回しましたが皆真っ青です。
しかし聞こえてはいるでしょうが、この少女の目とよだれが見えたのは俺だけです。
逃げ出しそうになったとき頂上につきました。
むこうのグループもちょうど反対側からあがって来たところです。
真っ青になったMが駆け寄ってきました。
「聞いたか!!お前等聞いたか!!」
どうやらM達ももう一人の少女から聞いたようです。
とりあえずまだ帰らないという少女達をバンまで連れて返りました。
そこでなぜ自殺したいのかをしつこく聞きましたが、答えません。
「アホなことするな。いじめか?俺らがそいつらシメたるから、はやまるな!」
俺達の問いかけにも彼女達は首を振るばかりです。
「じゃあ原因はなんやねん」
「・・・べつに・・・」
「別にって!!」
「生きてるんももうええって感じやねん。」
またあの遠くを見つめるような無表情です。2人とも同じ顔をするのでますますそっくりに見えます。
「とにかくもうこっちも眠たいからお前等送ってくわ。はよ家までの道言え。おくってったる。」
降りるという彼女達に強い口調でMは言い、車を発進させました。
彼女達は地元の子達なのか、帰り道をかわるがわる「右」「左」で告げます。
2人同時に「ここ」と言いました。ハモるように同時にです。
止まった場所には家等ありません。



Posted by プ at 2006年03月23日 12:30
 さて、本題に戻ろうか。
確かに遺骨を持ち帰ったのはまずいが、それと反乱鎮圧とは関係無い。
 彼らは「抗日戦線を結成していた」のだから、殺されても文句は言えないのだ。
それとも討伐人さんは、反乱を見逃せとでも言うのだろうか?どこの国が支配下に有る海外領土での抵抗運動や反乱・一揆の類を見逃しにすると言うのだろう?
それは絶対に有り得ない!これは日本をかばって言うのではない。世界史での植民地支配ではいかなる国であろうと、こうした「反乱・抵抗の類の鎮圧」をやっている。日本などまだ良い方だ。
 何回も言って、何回も否定されて来たが、今一度言う。
討伐人さん、もっと本を読みましょう。あなたがそんなていたらくだから、荒しを呼び込み、嘲笑されるのです。
悔しかったら、読書量を上げなさい!
忠告したとしても、聞く耳を持たないだろうが、私は世話焼きだから言うのだ。
あなたには"悔しさをバネにして更なる進歩を遂げる"と言う気概は無いのか?
汚い手や他者の助けを借りずに「右翼討伐」とやらをしなさい!私や他の右翼レッテルを貼った書き込みメンバーを討伐出来るのか?出来ないだろう?やれる訳は無いな。
 では、これにて。
Posted by 懐疑主義者 at 2007年11月15日 19:21
∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬
  ∧∧       §コリアン葬巣之門§        ∧∧
. < `∀>┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓<∀´ >
     ⊃┃Per me si va ne la citta` dolente,    ┃⊂
  \ /┃per me si va ne l'etterno dolore,    ┃\ /
    \ ┃per me si va tra la perduta gent    ┃ /
       ┃Lasciate ogne speranza,voi ch'intrate'┃
   | |\.┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛../| |
   | |::.::.\_________________/......| |
   | |:::.::.:.:.|           乙          ...|.:.:.:: .:| |
   | |:::.::.:.:.|     ついてこい、案内してやる   ...|:.:.:.: .:| |
   | |:::.::.:.:.| これから永劫の地獄へ連れてゆく ...|.:::.:: .:| |
   | |:::.::.:.:.|  おまえは絶望の叫びを聞くだろう ....|.:.:.:: .:| |
   | |:::.::.:.:.| 呵責に悩む人々の亡霊を見るだろう .|.:::.:: .:| |
   | |:::.::.:.:.| みな第二の死を叫び求めているのだ..|.:::.:: .:| |
   | |:::.::.:.:.|     また煉獄の火の中にあって  .|:.:.:.: .:| |
   | |:::.::.:.:.|∧_,,∧  満足している人々も  ∧,,_∧..|:.:.:.: ::| |
   | |:::.::.:.:.|,, `∀´> .見るだろう、いつか <`∀´ ,,>|:.:.:.: ::| |
   | |:::.::.:⊂    つ 幸ある人々の群に (  . ..つ. .: :..:| |
   | |:::.::.:.:.| ヽノ..入れると思っているのだ Y  人...|:. ..:..::| |
   | |:::.::.:.:.|,_フ__/━|/ ━ ━ ━ ━..<_〉._〉..|:.:.::. ::| |
   | |:::.::.:.:/_/━ ∧_∧ ━ ━ ━ ━ \_\..:..::| |
   | |:::../_/━  <丶`∀´>━  ━  ━  ━ \_\ | |
   | |/  /━  ━ ノ   `つ━  ━  ━  ━\  \
            ( O   ノ
             ヽ,(,__,ノ
”我を過ぐれば憂ひの都あり、”
”我を過ぐれば永遠の苦患あり、”
”我を過ぐれば滅亡の民あり”
”汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ”
Posted by at 2007年11月15日 22:53
>韓国の未来は明るい。


内紛に次ぐ内紛で


   ∧ ∧. __,,,,,,,,,_           ド ゴ オ オ オ オ オ オ オ オ ン!!!!
   (::::::: ) (::::::::: =                  .::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::........
   〜.::::: )(o;;:::::: )                ...:::::;;;''        ';;;:::::.......
 '"""゛~"''"""゛"゛""''・、             ...::::;;;''            '';;;::::::........
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'            ....::::::;;   朝鮮半島     '';;::::::::::.......
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(          ......:::::::::;;               ';;;;:::::::::.........
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../  ~~~~~~^^^~ ~~^^ ~~^^ ~~~~~^^^~  ~~^^~~~^ ~~~^^~~~

とうとう、やっちゃいましたね
Posted by at 2007年11月15日 22:56
わたしの知り合いの韓国人が、「いまオリンピックで使われている五輪旗はもともと韓国で
使われていたもので、あの五輪の意味するところがとても素晴らしいので、公式に使われる
ところとなったんだ。」とのたまうのです。
で、この話を知っている韓国人はたくさんいるというので私は素直に信じ、「へぇ〜」と返事を
しておいたのですが、帰って検索してみたら・・・。

>近代オリンピックの象徴でもある五輪のマーク(オリンピック・シンボル)は、クーベルタン男爵
>が考案し、世界5大陸(ヨーロッパ・アジア・アフリカ・オセアニア・アメリカ)と五つの自然現象
>(火・水・木の緑・土の黒・砂の黄色)とスポーツの5大鉄則(情熱・水分・体力・技術・栄養)を、
>原色5色(および単色でも可)と5つの重なり合う輪で表現したものである。5つの重なり合う輪は
>また、平和への発展を願ったものである。なおこの五輪マークは、1914年にIOCの創設20周年
>記念式典で披露され、1920年のアントワープ大会から使用されているが、木綿で作られた
>五輪旗は一度盗まれ、1992年のバルセロナ夏季大会から合成樹脂の五輪旗が使われている。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

しかも、1914年に記念式典で披露されてるのに・・・。韓国って日帝時代・・・。
こんなことを信じている韓国人が、多数いると思うと・・・

毎日楽しくてしかたがありません(w
いやー、チyosoて本当に救いようの無い池沼生物なんですね(w

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \
Posted by すくいようのないばかちょんのねつぞうへき at 2008年08月13日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15109265

この記事へのトラックバック

too young girls, young fuck
Excerpt: <a href="http://loboker.phpbbx.de/">milf hunter elizabeth</a> <a href="http://keriled.phpbbx.de/">show me a bald taco</a> <a href="http://loboker.phpbbx.de/">milf ryan</a>
Weblog:
Tracked: 2007-02-21 13:52

bound gagged housewife
Excerpt: <a href="http://nearyhedfs.www2.prexon.nl/">gay baggy boys</a> <a href="http://maestyhedop.www2.prexon.nl/">cuckold slaves</a> <a href="http://nearyhedfs.www2.prexon.nl/">speedo twinks</a>
Weblog:
Tracked: 2007-02-21 22:40

drunk men
Excerpt: <a href="http://www.foroswebgratis.com/foro-Tema.php?id_foro=84010">drunk milfs</a> <a href="http://www.foroswebgratis.com/foro-Tema.php?id_foro=84010">drunk naked girls</a> <a href="http://www.foroswebgratis.com/foro-Tema.php?id_foro=84010">drunk girls flash</a>
Weblog:
Tracked: 2007-02-22 06:11

tight ass latinas
Excerpt: <a href="http://susu.whitesnow.jp/antique/wiki/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=45chubbyland-fatsex.html&refer=FrontPage">gay chubbies</a> <a href="http://susu.whitesnow.jp/antique/wiki/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=45dirty-latina.html&refer=FrontPage">latin girls</a> <a href="http://susu.whitesnow.jp/antique/wiki/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=45chubbyland-fatsex.html&refer=FrontPage">gainers fat bellies teen</a>
Weblog:
Tracked: 2007-02-23 03:49

fat orgy
Excerpt: <a href="http://influente.phpbbx.de/">asian upskirt</a> <a href="http://introduire.phpbbx.de/">curious about threesomes</a> <a href="http://influente.phpbbx.de/">asian prostitutes</a>
Weblog:
Tracked: 2007-02-24 06:35

latina teen
Excerpt: <a href="http://kouzzie.phpbbx.de/">latin dick</a> <a href="http://zagashnik.phpbbx.de/">black thick ass</a> <a href="http://kouzzie.phpbbx.de/">gay latino men</a>
Weblog:
Tracked: 2007-02-25 13:53

spys
Excerpt: <a href="http://www.yuhi.jp/wwwboard/messages/15453.html">she spies</a> <a href="http://www.yuhi.jp/wwwboard/messages/15450.html">project voyer</a> <a href="http://www.yuhi.jp/wwwboard/messages/15453.html">totaly spies</a>
Weblog: spys
Tracked: 2007-05-19 02:37

戦争がたくさんあります
Excerpt: 戦記シリーズ DVD 【太平洋戦争全史<緒戦の勝利と敗北への道程>】 10%OFF+送料120円 2001/04/25発売 ○戦争の実像と虚しさを鮮烈映像でとらえた貴重なドキュメント戦記・兵器..
Weblog: アジアがいっぱい
Tracked: 2007-08-15 03:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。