2010年05月04日

インドネシア関連のブログへアプローチに対する返答報告

だいぶ前になりますが、きちんと報告を行いたいと思います。GW中も忙しく、久々に長くまじめなエントリーを書いたことによって、こちらのほうはサボっています。これからの残りの時間を草の根の交流に費やしたいですが、その前に1ヶ月ほど前におこなった投稿に対して具体的に成果のでた返答に関して報告をいきたいと思います。

バリの素(もと)〜バリ島東部のチャンディダサより
http://blog.goo.ne.jp/baliclub 
・私の投稿  バリ島における日本軍占領時代について
はじめまして。日本の過去の歴史に関心をもち、アジアにおける日本軍の占領時代について調べています。書籍や資料ではなく、生の人間から語られる歴史について関心があります。ところで2枚目の写真におばあさんが写っていますが、年は何歳ぐらいでしょうか?日本軍占領時代を経験されているのでしょうか?バリ島でホームステイされているということですが、日本軍の占領時代を経験した方から日本軍や日本軍占領時代のことについて直接お話を聞いたことはございますか?バリ島(インドネシア)を日本軍が占領したという歴史について関心をもっていただければ幸いだと思います。

・ブログ主からの返答
アクアリウスさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。写真に写っている方はおばあさんと言っても50代ぐらいの方だと思います。バリの田舎に住んでいる方は日本人とは違って普段から着飾ってお化粧しているわけでは無いので年齢より老けて見える方がいます。ホームステイ先では日本軍の占領についての話は聞いたことはありませんが、たまに日本語で話しからけてくるおじいちゃんに会うことはあります。戦時中に学校で日本の体操(ラジオ体操的なもの)を教わったり君が代、、、など日本の民謡を教わったりしたという話は聞きます。意味は分からないけど子供のときの記憶としてきちんと覚えているみたいです。
・私の投稿
今後、もしホームステイを続ける中で、日本軍占領時代を知るおじいさんなどに会う機会があれば、詳しくお話を聞いて頂ければと思います。不躾な質問ですが、丁寧なご返答を頂きありがとうございました。今後、バリ島などに行く機会があればよろしくお願い致します。
・私の再度の投稿
度々、すいません。聞きそびれたのですが、そのおじいさんなどから日本軍占領時代に関する感情などは何か感じられたのでしょうか?日本軍占領時代への恨み辛みとかが多かったのでしょうか?また、他のアジア地域と同じように、バリ島には日本軍占領時代に起因するような反日感情はホームステイをしている実感と
してはございますか?
・ブログ主の返答

アクアリウスさん
再度 ブログへの書き込みありがとうございます。私はバリ島に来て2年足らずですが反日感情抱いていると感じたり、直
接そのような話をぶつけられたり、差別を受けるようなことは今までありませんでした。
ホームステイ先の家族も独立戦争の際にバリに残っていた日本兵がたくさん参戦してることを知っていたりします。
その人その人にとって感情は違うと思いますが私がお会いしたおじいさんも嬉しそうに日本の歌を歌っていました。戦争でよい思いをした人はいないと思います。ですが、日本人を恨んでいる方だったら私に対して日本の歌を歌ったりはしなかったと思います。
先ほども言いましたがその人にその人で違う感情を抱いてると思いますので一概に私からはっきりとお伝えできません。
お役に立てたでしょうか、、、。
ということで、これもまた期待外れでした。
長くなりますので、以後は続きを読むをクリックしてください。

 poco a poco インドネシア
http://myslowlife.blog.shinobi.jp/
昔馴染みが集まって
http://myslowlife.blog.shinobi.jp/Entry/61/ という記事に対して投稿を行いました。
ブログ主のお義父さんを含めて5人の日本軍占領時代を経験された老人(生き証人)の方々が写真に写っています。

お義父さん、80歳すぎだけどハイパーなおじいちゃんなのでパソコンで毎月、中学時代と高校時代の友人に会報を作ってみんなに送っています。

古い写真を取り込んで、タイピングはブラインドタッチです…スキャナとパソコンを使いこなす80代…
数日後、↑の写真を会報に載せるからメールで送ってくれとSMSがきました。
すごいな〜と感心するばかりです。

それから、このイブイブたちもまた、戦時中日本軍の作った学校で教育をうけています。
だから日本語も少し単語を覚えています。
お父さんの右隣の女性が、帰り際に「おーて〜て つーないで〜」と歌いました。
このとき題名がどうしても思い出せなかったんだけど「靴が鳴る」っていう歌。
(中略)
お義父さんたちは戦時中日本に占領されていたにもかかわらず、昔の話でその頃の話をしてくれることがあってもだからといって今悪く言ったりしません。
本当はどういう思いでいるのか、聞けずにいるけどみんながWelcomeといって迎えてくれたことに感謝しています。

私も彼らがどのような思いでいるのか今すぐにでも聞きにインドネシアに行きたい気分です。バリの素(もと)〜バリ島東部のチャンディダサよりの返答にありましたが、日本軍から教えられた日本の歌を歌うことから察するに日本軍に殴られたりの加害は皆無ではなかったかもしれないが、肉親を殺されたり、性暴力を受けたりなどの悲惨な加害は受けなかったかもしれません。その辺はどうなのかというのを確認の意味で、ブログ主に質問しました。

・私の投稿
はじめまして。アクアリウスと言います。日本軍占領時代について興味があります。と
はいっても、書籍や資料でみるものではなく、生の体験者の話に関心を抱いています。この老人の方々がご在命でしたら、詳しくお話を聞いていただけないでしょうか?
・ブログ主の投稿
アクアリウスさまはじめまして、コメントありがとうございます。

お返事がおそくなってしまい申し訳ありません。

私たちの知らない歴史や私たちとは違う面から見た歴史、深すぎてうまく語れないものですね。

お義父さんたちから聞く話は、感情面のこともありあえて深くつっこんでは聞いていなくて、語ってくれる部分を自分なりに受け止めています。

まだまだ私も勉強不足ですので、もっと勉強してからでないと書くこともできないのですが…

また機会をつくりたいと思います。
というわけで、その機会を気長に待ちたいと思います。

インドネシア人妻とは!
http://nyandan.way-nifty.com/というブログに対しても投稿を行いました。
・私の投稿
はじめまして。アクアリウスといいます。過去の日本の歴史について調べているものです。とはいっても書籍や資料で書かれた歴史ではなく、体験者の口から語られる歴史について関心があります。インドネシアを日本軍が占領した歴史をご存知だと思いますが、インドネシアにおいて日本軍占領時代を経験された方から直接お話を聞いたことはございますか?

インドネシア女性の方とご結婚されているということですが、妻方の祖父や祖母にあたる人はご存命でしょうか?

聞いたことがないのであれば、過去の日本軍の占領時代に関心をもち、調べていただければ幸いだと思い、コメントさせていただきます。
・ブログ主の返答
ブログへコメントありがとうございます。

インドネシア人妻とはの管理人のnoruです。
 

私の妻は現在25歳で、父親は私と同じ年で、妻の父方の祖母だけが元気に生存しておりますが、それでも戦中は赤ん坊であったとの事で、私も戦中の日本兵の悪戯の事実を確認したく思い、日本兵をはどうだったか?以前に聞いた事があったが、戦時中の事はまったく覚えていないらしく、祖母の両親より、妻の田舎ににも日本兵がいた事しか分からないとの事でした。

妻の通訳での事で、実際に何て言っていたかは分からないが、多くは語っていなかったようでした。

戦中に何が有ったかは分かりませんが、戦後生まれのインドネシア人に聞くと、一般に言われている、残留日本兵が独立の為一緒に戦ってくれたと語る人が多いです。

日本人は悪い人と言う人は会った事はありません。


約10年ほど仕事でインドネシアへ行ったり来たりしていましたが、仕事先に日本兵が作った橋があり現在も頑丈に使用されており、日本人が作った物は凄い戦後何十年も経っているのに壊れないと、我が事のように自慢してました。

妻の田舎に行った時に、機会が有れば、生き証人みたいな老人に戦中の日本人兵の事を聞いてみようとは思ってはいますが、現在我々日本人はインドネシアの為に汗を流す事が重要だと思いますが、いかがでしょうか?
・私の感謝の言葉
私は、現代よりも過去の歴史の問題を解決することも大切だと思います。インドネシアや世界のために汗を流すことと並行して。過去があってこその現代や未来だと思います。持論をこれ以上でここで展開することはやめておきます。 

>妻の田舎に行った時に、機会が有れば、生き証人みたいな老人に戦中の日本人兵の事を聞いてみようとは思ってはいますが
というのを楽しみにまっています。記事に書けるようでしたら、記事で書いてもらえればうれしいです。


不躾な私のコメントに、ご丁寧な返答を頂きまして、ありがとうございました。
というわけで、このブログでも期待されていた情報はでてきませんでした。ちまたに言われている日本軍のイメージとは異なるのでしょうか?

すまらんぐらし
http://chocolife-semarang.blogspot.com/
というブログにも投稿を行いました。

・私の投稿
はじめまして。過去の日本の歴史に関心があり、調べているものです。とはいっても書籍や資料によって書かれたものではなく、生の人間の口から語られる歴史です。特に日本軍が占領したことがある地域における、日本軍占領時代を体験した方から直接語られる歴史に特に関心があります。
スマランといえば、白馬事件というのが有名ですが、スマランを含むインドネシアにおいて日本軍占領時代を経験したご年配の方から直接お話を聞いた体験はおありでしょうか?おありでしたら、詳しく伺いたいのですが。
・ブログ主の返答
アクアリウスさん
初めまして、コメントありがとうございます。
残念ながら、今までにそういった話を聞いたことはありません。
しかし、祖父は数字を日本語で数えられるようですので、数ヶ月先になると思いますが話を聞いて見ますね。
ただ、祖父はジャワ語しか話せませんので。。。
こちらのほうでも話を聞いてくださるという積極的な返答が得られました。これでもって報告とさせていただきます。それにしても,1ヶ月前となると、私がどこの場所に、どこの記事に投稿したのか探すのがめんどくさいです。マレーシア関係のほうにも投稿をしたので、見てきます。以上
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 21:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
右翼討伐人 ◆kvN8/L8DR2

経験値0のはぐれメタル(ちなみにギラも唱えられない)とはん板で揶揄されるアホ。
東亜板では右翼討伐され人と渾名され、結局侮られていた。
ソースをたまに出すが、マンガだったり映画だったりフィクションだったりする。
チャンネル桜掲示板、はん板、東亜板、極東板などでその存在が確認されていたが、最近
ぱったりと見かけなくなった。ちなみに、自称生命工学系の院生だが、こんなレスを残し
ている。
最近は2chの外の主に海外関係の掲示板で暴れている(汗)
626 右翼討伐人 ◆PJBNbht6to sage 04/11/03 20:07:45 ID:wwjYqO6n
生命科学の本場であるアメリカやイギリスに留学しようと考えているのだが。
日本の大学・大学院などの狭い視野にとらわれずに、世界に飛び出そうと考えている。
TOFELや語学学校の準備が必要だが。留学資金のため、競馬やロト、スクラッチを友人とともに
始めている。ロト6で4等があたった。1等当てて、1億稼いで留学というところかな。
上手く逝くといいですね、ロトで留学www
極論者
名前の通り右翼に憎悪を示し話を聞かないなら死んだほうがマシ
日本人は全員死ぬべき、殺すべきという極論に到達する
過去を認め何たらといっているがどっちが犯罪者なんだか;

件の事件を起こした増田都子教員を心の師と仰ぎ日々反日活動、破壊工作などに励み
日本の某文化財まで汚したという
662 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:04/11/21(日) 20:19:09 ID:EaAP5BrP
>>648
ところで片方のタマはまだ無事か?以前片方のタマを潰されたようだが。
【日本を】絶対反対!在日外国人に参政権10【守れ】
12 名前:右翼討伐人 ◆PJBNbht6to [sage] 投稿日:04/10/17 01:09:33 ID:gpRnRZuo
もういい。ここの糞女どもはネット右翼か?
こんな糞女どもと絶対結婚したくないし、結婚どころか友達や知り合いにすら
なりたくないね。
ハングル板と極東板、東アジア板を血祭りにあげる準備を行っているから、
そのつもりで。
35 :可愛い奥様 [sage] :04/10/17(日) 01:20:52 ID:KURYKewL
>>1
スレ立て、テンプレ乙。
>>12
ローカルルールくらい読め
既婚女性のみご利用ください。
男性、独身者の発言と認められた場合は削除対象となります。(ネナベも含む)
ω取ってからこい。
Posted by アクアリウスこと右翼討伐人 ◆PJBNbht6toがチンコもがれた過去ログ at 2010年05月04日 21:23
アミット監督は「ビーチジゴロ)たちの素顔を知ることが目的」と主張。 自身のホームページで、映画製作のきっかけを「『将来は日本の女性に性的サービスを提供したい』 と懸命に日本語を学ぶ12歳の少年との出会い」と書いている。

↓日本製mesuが集まる掲示板
ttp://jbbs.livedoor.jp/travel/2192/
若いジゴロとしまくりの日本人女の画像
ttp://heartland.geocities.jp/mousou20080101/balikoibito1.html
ttp://heartland.geocities.jp/mousou20080101/balikoibito2.html


おい、蜘諸鵜。
お前の崇高な倫理感に基づけばこの馬鹿な日本人女共も当然、将来はインドネシア慰安夫達に謝罪と賠償しなきゃならんよな?

繰り返すが一方的に日本人の男を悪呼ばわりするお前の見解を聞きたいもんだよ。

絶対的弱者様の日本女がお前の拘ってる
絶対的弱者のインドネシアで
こともあろうに男を買ってるんだぜ(w
むしろそれに関して質問した方が良いんじゃ
ねーか?
不毛な日本軍の蛮行なんぞ今更蒸し返しても
無駄だから俺の質問にさっさと答えろ。

この蜘諸鵜(笑
Posted by 『将来は日本の女とやって貢がせたい』と日本語を学ぶ12歳少年…インドネシア at 2010年05月04日 21:27
マ-チク-タビ-レター♪            
     マ-チク-タビ-レター♪
         ∧_∧ /癡處齲の右翼討伐塵改め渥唖狸菟簀ちゃん♪
  ♪ ___\(\・∀・)<2 tiィヤァんネルで他人サマのメェァドオ サラシたシャザイまーだー?
      \--/ ⊂ ⊂_)_
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | h an 縊他なの  .|/

数万もする研究室の実験器具を壊した事を隠蔽しようと思った癖にてめぇから h an 版で暴露して売渡(罵倒)(売渡(罵倒)) 物笑いを受けた.
他人のめえアドを本人の許可なくサラシだと h an 版で当たって, スレ住人が責めることができたが顔色が変わってさあくうじょおお依頼もしないで逃走した.
2 チィヤァんネルの理科版でイルボングヨッククヨッククジゴリパンスレセウォをして沈着冷情, 頭脳明細である住人の売渡(罵倒)(売渡(罵倒)) 物笑いを受けた.
2 チィヤァんネルはリョパンで日本の加害情報要求するなどあほらしいスレセウォをして総スカンを喰らい速攻でスレストになった.
h an 版で良い湿布して(邪魅)を(ノングウィ)と読んで非常にムンマングネボリョポムネヌンになった.
理科大学の学生ながら本を買ったことがただ 2冊がラメテヨンハゲゼサンなら h an 版でスレ住人がまいることができた.
南京大虐殺問題で妄言席あったが博覧綱紀の h an 版パンゴズザに全然適う道理がなくて泣き言を残して逃走した.
h an 版で得意気さんたちとソースに 「半月城通信」を引用して大幅所になった.
自分の専門分野に到着して質問受けた時にアルケミーみたいな化学反応式を曝して文科住人さえ絶句させた.
鬼女版と恐ろしがる既婚女性版に芳名録を書いて百戦研磨一騎当千の鬼女版住人に粉砕されて小給暇
「お前たちは一生結婚することができない!!」と
既婚女性版住人が化石するしかない捨てるせりふを吐いて逃走した.
就職の面接で担当者が一自省だったからエゴイスチック在日朝鮮人で決めて得意満面でこのオノイウィブログ (院)みたいな電波左翼的妄言を吐いて素敵に落ちた.
民団の掲示板に日本の悪口を書いて賛同を要求したが反対に門前薄待を式などはアヨンハゲにするほどのチソサングを終りになって bubetuと物笑いを受けた.
自分の風呂場具でも縦読みにひっかかって物笑いを受けた.
自分の風呂場具の管理も満足にできなくて毎年 12月 31日に皆さんの投稿を待っていますなどだと言う言葉外に縁(側) 鳥を後進続いた.
土地来るという自分の風呂場道具で自作の時グリムウングを始めたが文体に帰る事もできない癡處齲てアックゴだから一発でばれた.
結局他人の万を分はザシンキネを始めたが
それを難しくて球団になると麻子ぴったりやめて失笑を買った.
他人様を代弁インも呼んだ癖に自分の意見を言わないで他のブログや HPをリンクすることだけで相手を論破した
と信じてしまう位の 癡處齲加減が糾弾されて何も反論しないでオナアアにおいてエントリーを連続tジブオグヨルモスブをまたまた証明した
「類は友を呼ぶ」、「癡處齲と付き合うと癡處齲が伝染る」、という真理を鷹嘴(不条理日記)が
癡處齲討伐人と全く同じパターンの愚行をやらかしている事で実証した。
鷹嘴(不条理日記)が癡處齲討伐人を凌ぐちぃえぇおぉくうぅれなのがもし自分のブログに都合の悪い事を書かれたら、カキコした人物のIPアドレスサーらしてやんよ!!コメントで判明した(w
数ヶ月前からテメエのSENZURIブログの表示が可笑しいのに禄に保守もしていなかった為今頃になってようやく気づいた(w
Posted by 自分の専門分野に到着して質問受けた時にアルケミーみたいな化学反応式を曝して文科住人さえ絶句させた. at 2010年05月04日 21:31
>ちまたに言われている日本軍のイメージとは異なるのでしょうか?

ちまたじゃなくてお前の脳内の狭苦しい世界のイメージだろw
Posted by at 2010年05月05日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。