2010年03月21日

万人坑:旧満州「もう一つの強制連行」 歴史に光を、14日に報告会 /大阪

万人坑:旧満州「もう一つの強制連行」 歴史に光を、14日に報告会 /大阪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000170-mailo-l27
大阪市の市民団体の女性が、中国侵略戦争の際に鉱山などで現地の人が酷使されて埋められた跡「万人坑(まんにんこう)」を知る旅を催し、報告会を14日午後1時半から、大阪市港区弁天1の弁天町市民学習センターで開く。中国人が日本国内に連れて来られ酷使されたことはよく知られているが、旧満州などでの「もう一つの強制連行」はほとんど知られておらず、「想像以上の被害規模だった」という。

 企画したのは、日本人戦犯を中国側が寛大に扱ったことなど元日本兵から聞き取っている「撫順(ぶじゅん)の奇蹟(きせき)を受け継ぐ会」関西支部代表の野津加代子さん(48)。遼寧政治経済学院の李秉剛(りへいごう)元教授が万人坑などを研究していることを知り、案内役になってもらった。

 旅行は昨年9月に実施し、野津さんら戦後世代3人を含め6人が遼寧省(旧満州)の炭鉱や鉄鉱などにある6カ所の万人坑を訪問。過酷な労働の後、栄養失調やけが、病気、虐待などで亡くなった人たちがまとまって埋め捨てにされており、おびただしい遺骨だったという。

 李元教授は「関心を示す人が少ない万人坑の悲痛な歴史の事実を日本人に知ってもらえてうれしい。今後も交流に尽くしたい」と話したという。

 資料代800円。野津さんは今年9月末にも別の万人坑旅行を計画中。問い合わせは竹本さん(090・8860・9961)。【大島秀利】


今現代においても、戦時とは違いますが、労働者が酷使されて使い捨てにされていますよね。この現代の日本で。特に派遣労働者や外国人研修生において顕著である。例えば、不条理日記信仰の自由すら奪われる中国人研修生という記事にありますが、中国などから研修や実習と称して騙して連れてきて、劣悪な労働条件で低賃金で酷使されてパスポートも奪われ、外出の自由もなく、信仰の自由さえ奪われている外国人の方々がいる。大日本帝国の過去の歴史の清算を怠ってきたつけが、2010年という70年たった今も日本社会および在日外国人や貧困者を蝕んでいる。参議院選挙で国民新党や民主党の右派・極右を追い出して、良識派連合の名のもと、過去の清算を徹底的に行い、膿を出すべきである。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 00:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 大日本帝国・侵略戦争・戦争責任関係ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>例えば、不条理日記の信仰の自由すら奪われる中国人研修生という記事

その記事で問題になっているのは「日本で中国側の要求を入れて教会に通わせないようにした」事であって、むしろ「日本では中国と違って自由に教会に通える」というのが前提なんだがw
お前の論理なら日本人も中国の人権侵害要求なんか聞くな、と言う話になるはずなのだがw
中国や北朝鮮の人権侵害は無条件に支持しているから、そういう支離滅裂な事を言い出すのだろうな。
Posted by at 2010年03月21日 07:49
マ-チク-タビ-レター♪            
     マ-チク-タビ-レター♪
         ∧_∧ /癡處齲の右翼討伐塵改め渥唖狸菟簀ちゃん♪
  ♪ ___\(\・∀・)<2 tiィヤァんネルで他人サマのメェァドオ サラシたシャザイまーだー?
      \--/ ⊂ ⊂_)_
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | h an 縊他なの  .|/

数万もする研究室の実験器具を壊した事を隠蔽しようと思った癖にてめぇから h an 版で暴露して売渡(罵倒)(売渡(罵倒)) 物笑いを受けた.
他人のめえアドを本人の許可なくサラシだと h an 版で当たって, スレ住人が責めることができたが顔色が変わってさあくうじょおお依頼もしないで逃走した.
2 チィヤァんネルの理科版でイルボングヨッククヨッククジゴリパンスレセウォをして沈着冷情, 頭脳明細である住人の売渡(罵倒)(売渡(罵倒)) 物笑いを受けた.
2 チィヤァんネルはリョパンで日本の加害情報要求するなどあほらしいスレセウォをして総スカンを喰らい速攻でスレストになった.
h an 版で良い湿布して(邪魅)を(ノングウィ)と読んで非常にムンマングネボリョポムネヌンになった.
理科大学の学生ながら本を買ったことがただ 2冊がラメテヨンハゲゼサンなら h an 版でスレ住人がまいることができた.
南京大虐殺問題で妄言席あったが博覧綱紀の h an 版パンゴズザに全然適う道理がなくて泣き言を残して逃走した.
h an 版で得意気さんたちとソースに 「半月城通信」を引用して大幅所になった.
自分の専門分野に到着して質問受けた時にアルケミーみたいな化学反応式を曝して文科住人さえ絶句させた.
鬼女版と恐ろしがる既婚女性版に芳名録を書いて百戦研磨一騎当千の鬼女版住人に粉砕されて小給暇
「お前たちは一生結婚することができない!!」と
既婚女性版住人が化石するしかない捨てるせりふを吐いて逃走した.
就職の面接で担当者が一自省だったからエゴイスチック在日朝鮮人で決めて得意満面でこのオノイウィブログ (院)みたいな電波左翼的妄言を吐いて素敵に落ちた.
民団の掲示板に日本の悪口を書いて賛同を要求したが反対に門前薄待を式などはアヨンハゲにするほどのチソサングを終りになって bubetuと物笑いを受けた.
自分の風呂場具でも縦読みにひっかかって物笑いを受けた.
自分の風呂場具の管理も満足にできなくて毎年 12月 31日に皆さんの投稿を待っていますなどだと言う言葉外に縁(側) 鳥を後進続いた.
土地来るという自分の風呂場道具で自作の時グリムウングを始めたが文体に帰る事もできない癡處齲てアックゴだから一発でばれた.
結局他人の万を分はザシンキネを始めたが
それを難しくて球団になると麻子ぴったりやめて失笑を買った.
他人様を代弁インも呼んだ癖に自分の意見を言わないで他のブログや HPをリンクすることだけで相手を論破した
と信じてしまう位の 癡處齲加減が糾弾されて何も反論しないでオナアアにおいてエントリーを連続tジブオグヨルモスブをまたまた証明した
「類は友を呼ぶ」、「癡處齲と付き合うと癡處齲が伝染る」、という真理を鷹嘴(不条理日記)が
癡處齲討伐人と全く同じパターンの愚行をやらかしている事で実証した。
鷹嘴(不条理日記)が癡處齲討伐人を凌ぐちぃえぇおぉくうぅれなのがもし自分のブログに都合の悪い事を書かれたら、カキコした人物のIPアドレスサーらしてやんよ!!コメントで判明した(w
数ヶ月前からテメエのSENZURIブログの表示が可笑しいのに禄に保守もしていなかった為今頃になってようやく気づいた(w
Posted by 土地来るという自分の風呂場道具で自作の時グリムウングを始めたが文体に帰る事もできない癡處齲てアックゴだから一発でばれた. at 2010年03月21日 09:15
自己愛性人格障害とは

本来の自分を愛せず、優越的で素晴らしく
特別で偉大な存在でなければならないと
思い込む人格障害である。

・誇大な感覚
・限りない空想
・特別感
・過剰な賞賛の渇求
・特権意識
・対人関係における相手の不当利用
・共感の欠如
・嫉妬または他人が自分に嫉妬していると
思い込む
・傲慢な態度
うち5つ以上が当てはまると
自己愛性人格障害の可能性がある。

反社会性人格障害の特徴
・社会的規範に順応できない
・人をだます、操作する
・衝動的である、計画性がない
・カッとしやすい、攻撃的である
・自分や他人の身の安全を全く考えない
・一貫した無責任さ
・他の人を傷つけたり虐待したり、
物を盗んだりした後で、良心の呵責を感じない
うち3つがあてはまった場合精神科医の多くは
反社会性人格障害を疑う。

韓国は“なぜ”反日か?
ttp://www.koreanantijapan.comze.com/
朝鮮人はなぜ太平洋戦争を喜んだのか
ttp://www.nagaitosiya.com/a/korean_strategy.html
大日本史番外編朝鮮の巻
ttp://mirror.jijisama.org/index.html
解決!ギャンブル中毒!!
ttp://m-space.jp/?otonanokoi
Posted by <丶`Д´>ばかちょん渥唖狸菟簀こと右翼討伐人 ◆PJBNbht6toの素晴らしき脳内世界 at 2010年03月21日 09:54
1945年8月20日、通化高等女学校に短機関銃を持ったソビエト兵2名がジープで乗り付けると校内に乱入し、女生徒の腕を掴んで引きずり出そうとした。

古荘康光校長と村田研次教師が止めに入ると銃を乱射し始めたため、20代の女性教師が自ら身代わりとなって連行された。

連絡を受けた通化守備隊の中村一夫大尉は直ちに兵士40名を乗せたトラック2台とともに駆けつけ、男性教師たちと共同でソビエト兵のジープを捜索したが発見できなかった。

女性教師は深夜に解放されたが、その晩自殺した。

翌日、ソビエト兵は再び女学校に乱入すると女生徒か昨日の女性と金品を出すよう要求した。

村田教師が「女性は自殺した」と述べると、他の女性を出すよう要求されたため、隠し持っていた拳銃で2人を射殺した。

教師たちはソビエト兵を埋葬すると寄宿生を連れて通化を脱出した。

Posted by 左翼は反省しろ! at 2011年05月17日 15:15
1945年8月24日に将校20人、兵士200人からなるソビエト軍が通化に進駐、市内の竜泉ホテルに司令部を設置した。

また、ソビエト軍によって武装解除された関東軍の兵器を譲渡された中国共産党軍も同市に進駐した。

占領下の日本人はソビエト軍による強姦・暴行・略奪事件などにも脅かされていた。

この段階では日本軍憲兵隊はシベリアに連行されずに治安活動を行っており、ソビエト軍の蛮行を傍観していたわけではなかった。

原憲兵准尉はソビエト兵が女性を襲っているとの通報を受け、現場に駆け付けると、白昼の路上でソビエト兵が日本女性を裸にして強姦していたため女性を救おうと制止したが、ソビエト兵が行為を止めないため、やむなく軍刀で処断した。

原准尉は直後に別のソビエト兵に射殺され、この事件以降は日本刀も没収の対象となった。

守る術を持たない日本人遺留民はソビエト軍司令部の命令に従って日本人女性たちを慰安婦として供出するなどして、耐え忍ぶしかなかった。

さらに、日本人はソビエト軍進駐時にラジオを全て没収されたため、外部の情勢を知ることは不可能となった。

また、中国共産党軍は日本軍の脱走兵狩りを行い600人を検挙した後吉林へ連行した
Posted by 鬼畜左翼! at 2011年05月17日 15:16
ソビエト軍の撤退後、通化の支配を委譲された中国共産党軍は、楊万字通化省長、超通化市長、菅原達郎通化省次長、川内亮通化県副県長、川瀬警務庁長、林通化市副市長などの通化省行政の幹部を連行し、拷問や人民裁判の後、中国人幹部を全員処刑した。

また、中国共産党軍は「清算運動」と称して民族を問わず通化市民から金品を掠奪した。

9月22日には、中国共産党軍が中華民国政府軍を攻撃し、通化から駆逐した。

10月23日、正規の中国共産党軍の一個師団が新たに通化に進駐。

11月2日、中国共産党軍劉東元司令が着任する。

11月2日、中国共産党軍は17000名を超える遺留民に対して、収容能力5000名以下の旧関東軍司令部への移動命令を出した。

遺留民1人につき毛布1枚と500円の携行以外は認めないとした。

通化は氷点下30度になる極寒の地であり、無理な要求であった。その為、大量に凍死。当たり前だが、これは虐殺だ!

11月初旬、中国共産党軍は、遼東日本人民解放連盟通化支部(日解連)を設立し、日本人に対して中共軍の命令下達や、中国共産党で活動していた野坂参三の著作などを使用した共産主義教育を行った。

日本人民解放連盟は中共軍の指令に従い、日本人遺留民に対し財産を全て供出し再配分するよう命じた。

日本人遺留民たちが嘆願を続けると、中共軍は先に命じていた移動を見合わせる条件として、日本人全員が共産主義者になることへの誓約、全財産の供出と中国共産党および日本人民解放連盟への再分配を要求した。

11月17日、中国共産党軍は大村卓一を満鉄総裁であったことを罪状として逮捕した。

また、中国共産党軍は武器捜索を名目に日本人家屋に押し入り、(後の蜂起当日まで)連日略奪をおこなったほか、男女を問わず日本人を強制的に従軍・徴用(無償の強制労働)した。

強制労働!!!!!賠償と謝罪を!

Posted by 左翼は、謝罪しろ! at 2011年05月17日 15:21
1946年2月2日、正午過ぎに林少佐は通化事件の蜂起の情報を前田光繁に電話で伝えた。

前田は中国人政治委員の黄乃一を通じて航空総隊隊長の朱瑞(zh)に報告した。

同じ頃、藤田大佐の作戦司令書を持った中華民国政府の工作員が2名逮捕されており、劉東元中国共産党軍司令立会いの下で尋問が行われた。

生存者は中国共産党軍への徴兵、シベリア抑留などさまざまな運命を辿ったが、

通化事件以降、中共は方針を転換し、宥和的な態度をとり、夏には帰国の許可を与えれるものもあった。

が、関東軍第二航空軍第四錬成飛行隊のうち、航空技術をもたない100名余りの隊員は部隊から離され、中国各地の炭鉱や兵器工場に送られた。

シベリア強制連行に加担し、強制労働に加担したのは中国共産党の大罪です。
シベリアには一体どれだけの人が強制連行されたか、左翼は、良く考えろ!


拘束から5日後に部屋から引き出されると、朝鮮人民義勇軍の兵士たちにこん棒で殴りつけられ、多くが撲殺された。

撲殺を免れたものの多くは手足を折られるなどした。その後、中国共産党軍による拷問と尋問が行われ、凍結した渾江(鴨緑江の支流)の上に引き出されて虐殺が行われた。

渾江の下流の桓仁で中国共産党軍の兵器工場で働いていた中村良一は連日に渡って上流から流れてくる遺体を目撃している。

女性にも処刑されるものがあった。

川の上には服をはぎ取られた裸の遺体が転がっていた。

男性たちが拘束されている間、中国共産党軍の兵士には日本人住居に押し入り、家族の前で女性を強姦する者もあり、凌辱された女性からは自殺者も出ている。

また事件後に蜂起の負傷者に手当を施した者は女性・子供であっても容赦なく銃殺された。

林少佐には銃殺命令が3度出されたが、そのたびに政治委員黄乃一の嘆願によって助命された。

左翼こそ、この世の中からいなくなれ!

左翼のせいで、チベットやウィグル、満州人、反政府漢民族が、その後65年の間に、文化大革命をはじめ、おそろしい弾圧を受け、1億人以上、虐殺の憂き目にあった。



工作員は拷問を加えられても口を割らなかったが、日本語の司令書は前田によって直ちに翻訳され、夕刻には中国共産党軍は緊急配備に着手した。

通化市内は午後8時に外出禁止のサイレンが鳴ることになっていたが、この日はサイレンが鳴らなかった。

日本人避難民は時計を持っていないため外出中の人々は問答無用で次々に拘束された。

午後8時には、蜂起に向けて会合を開いていた孫耕暁通化国民党部書記長を始めとする中華民国政府関係者数十人が朝鮮人民義勇軍によって拘束され、拷問を伴う尋問が行われた後、蜂起前に虐殺された。

また、一月十日事件で連行された日本人は牢の外から機関銃を向けられた(即時殺害を可能にするための準備)。

→問答無用の大虐殺!!!

午前8時になると、16歳以上の日本人男性は事件との関係を問わず全員拘束され、連行された。

また、事件に関与したとみなされた女性も連行された。

中国共産軍は連行する際、日本人同士を針金でつなぎ合わせた。多くの日本人は着の身着のままで家から連れ出されたため、零下数十度になる戸外を行進するのは地獄であった。

通化市郊外の二道江から連行された人々には途中で落後するものもあり、落後者はその場で射殺された

大虐殺してた癖に、被害者面する中国共産党!

3000人以上に上る拘束者は小銃で殴りつけられるなどして旧通運会社の社宅などの建物の各部屋に押し込んだ。

専員公署では8畳ほどの部屋に120人が強引に押し込められた。

拘束された日本人は、あまりの狭さに身動きが一切とれず、大小便垂れ流しのまま5日間立ったままの状態にされた。抑留中は酸欠で「口をパクパクしている人達」や、精神に異常をきたし声を出すものなどが続出した。

そのたびに窓から銃撃され、窓際の人間が殺害された。

殺害された者は立ったままの姿勢で放置されるか、他の抑留者の足元で踏み板とされた。

足元が血の海になったが死体を外に出すこともできなかった。

三日間に渡って山中の倉庫に収容された中西隆も同様の体験をしている。

中西を始めとする90人余りの日本人は数日間に渡って立ったまますし詰め状態で監禁されたため、発狂者が出るにいたった。

朝鮮人兵士達は黙らせるよう怒鳴るとともに窓際の6人を射殺し、「お前たちはそのうち銃殺だ。ぱっと散る同期の桜じゃないか。36年の恨みを晴らしてやろう」と述べている。

蜂起計画に関与しなかった一般市民を含めて、民間の2千人(数千人とも)近くが殺された。

また、数百人が凍傷に罹り不具者となった。

どっちが極悪非道なんだ!

Posted by 左翼に死を! at 2011年05月17日 15:32
左翼の親玉、ソ連首相ヨシフ・スターリンは、1945年8月23日に日本軍捕虜50万人のソ連移送と強制労働利用の命令を下した。

占領地域の日本軍はソ連軍によって8月下旬までに武装解除されたこの際多数の死傷者が出たという。

また、このとき、日本人捕虜は内地への帰還を望んだが、ソ連軍は復員を認めず、すでに離隊していた男性も強引に連行した。

日本人捕虜は、まず満州の産業施設の工作機械を撤去しソ連に搬出するための労働に使役され、のちにソ連領内に移送された。

9月5日の山田ら関東軍首脳を手始めに、日本軍将兵、在満州民間人・満蒙開拓移民団の男性が続々とハバロフスクに集められた。

彼らは日本に帰れることを期待していたが、ソ連は捕虜を1000名程度の作業大隊に編成した後、貨車に詰め込んだ。

行き先は告げられなかったが、日没の方向から西へ向かっていることが貨車の中からでも分かり絶望したことが伝えられる。

抑留された捕虜の総数は、作業大隊が570あったため、当初は総数57万5千名が連行されたと考えられたが、65万人というのが定説である。一説には70万人近くが移送されたと言われ、最高数としては200万人以上との説がある。

モスクワのロシア国立軍事公文書館には約76万人分に相当する量の資料が収蔵されている。その為、被害者が、最低でも76万人以上いる事は間違いない。

1945年11月になって、日本政府は、関東軍の軍人がシベリアに連行され強制労働をさせられているという情報を得る。

1946年5月、日本政府はアメリカを通じてソ連との交渉を開始し、同年12月19日、ようやく「ソ連地区引揚に関する米ソ 暫定協定」が成立した。

当時ソ連と親しい関係にあった左派社会党の国会議員による視察団が収容所を視察した。

視察はすべてソ連側が準備したもので、「ソ連は抑留者を人道的に扱っている」と宣伝するためのものであったが、

抑留者の生活の様子を視察し、ともに食事を取った戸叶里子衆議院議員は思わず「こんな不味いものを食べているのですか」と漏らしたという。

左派社会党視察団は、過酷な状況で強制労働をさせられていた日本人抑留者から託された手紙を握りつぶし、

帰国後、「とても良い環境で労働しており、食料も行き渡っている」と国会で嘘の説明を行った。抑留者帰国後、虚偽の発言であったことが発覚し、問題となる。

左翼こそ、死んで、反省しろといいたい。

日本側の調査による死者名簿には約5万3千人が登載されている。

ソ連側(現ロシア政府)はこれまでに約4万1千人分の死者名簿を作成し、日本側に引き渡している。

従来死者は約6万人とされてきたが、実数については諸説ある。

近年、ソ連崩壊後の資料公開によって実態が明らかになりつつあり、終戦時、ソ連の占領した満州・樺太・千島には軍民あわせ約272万6千人の日本人がいたが、このうち約107万人が終戦後シベリアやソ連各地に送られ強制労働させられたと見られている。

アメリカの研究者ウイリアム・ニンモ著『検証−シベリア抑留』によれば、確認済みの死者は25万4千人、行方不明・推定死亡者は9万3千名で、事実上、約34万人の日本人が死亡したという。

また1945年から1949年までの4年間だけで、ソ連での日本人捕虜の死亡者は、37万4041人にのぼるという調査結果もある。

左翼の偽善ぶりには、吐き気がする!
左翼の方が、非道じゃないか!
Posted by 左翼こそ駆逐されるべき at 2011年05月17日 15:39
鍵和田芳光社長は慶応大学の斉藤教授と仕事上の取引がある。鍵和田芳光社長は投資で年収数千万円。斎藤教授も鍵和田社長の投資と深い関係があるようです。
Posted by 匿名 at 2013年06月27日 22:07
慶應義塾大学は投資研究会というサークルもあります。マーケットへの関心は非常に強い大学です。将来の投資家を育てる大学でしょう。
Posted by 匿名 at 2013年11月05日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。