2008年09月01日

討伐(BlogPet)

右翼討伐人は、ダーウィンっぽい会合するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「右翼討伐犬」が書きました。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 07:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | BlogPet用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆ チン ☆チン マチクタビレタ〜 ♪
           ♪
    ♪          ☆チン    .☆  ジャーン!マチクタビレタ〜!
        ☆ チン   〃  ∧_∧  ヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ  ___\(・∀・ #) /\_/ <癡處齲の右翼討伐塵ちゃん♪
        チン    \_/⊂    つ    ‖  2 tiィヤんネル゙で他人サマのメァド サラシたシャザイまだー?
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|     ‖    
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   /|\
        |             |/

数万もする研究室の実験器具を壊した事を隠蔽しようと思った癖にテメエから h an 版で暴らして売渡(罵倒) 物笑いを受けた

h an 版で 他人のめえアドを本人の許可なくサラシしてスレ住人に糾弾されたが開き直ってさあくうじょおお依頼もしないで逃走した

2 チィヤァんネルの理科版で旧日本軍の悪口雑言をカキコして沈着冷情, 頭脳明細な住人の(売渡(罵倒)) 物笑いを受けた

2 チィヤァんネルは海外旅行版で日本の加害情報要求するなどあほらしいスレ縦をして総スカンを喰らい速攻でスレストになった

h an 版で(sあbあ)を(kおい)と読んで余りの鞭悶妄がばれて祭りになった

理科大学の学生ながら本を買ったことが2冊だけとほざいて h an 版でスレ住人を唖然とさせた

南京大虐殺問題で妄言ほざいたが博覧強記の h an 版住人に全然適う道理がなくて泣き言を残して逃走した

h an 版で得意気にソースに詐欺師の 「半月城通信」を引用して半月城のインチキさを知悉している住人の大爆笑を誘った

自分の専門分野に間して質問受けた時に錬金術ーみたいな化学反応式を曝して文科住人さえ絶句させた

鬼女版と恐ろしがられる既婚女性版におぅなにぃカキコをして百戦練磨、一騎当千の鬼女版住人に粉砕されて狼狽逆上
「お前たちは一生結婚することができない!!」と既婚女性版住人が化石するしかない捨てせりふを吐いて逃走した

就職の面接で担当者が一文字性だったから在日朝鮮人と決めつけて得意満面でこのsenzuriブログの如き電波左翼妄言を吐いて見事に落ちた

大学院をでても全く使い物にならず担当教授のお情けで研究室の派尻をやってかろうじて糊口を繋いだ

どこの版でも全く相手にされず遂に民団の掲示板に日本の悪口を書いて賛同を要求したが反対に門前払いを喰らって唖然とするほどの怒唖補さ加減をオチしていたh an 版住人の bubetuと物笑いを受けた

自分の風呂具でもまんまと縦読みにひっかかって物笑いを受けた

自分の風呂具の管理も満足にできず毎年12月31日に皆様の投稿をお待ちしています等という
うましかエントリを何時までも削除出来ず莫迦をさーら下

土地来るって自分の風呂具で自作時絵んを始めたが文体を帰る事も出来ない蜘獲悪苦れの為一発でばれた.
遂に他人の鏝を方って自分まnせえを始めたがそのことを厳しく球団されたとたんぴたりと辞めて失笑をかった

他人様を糞コテ呼ばわりした癖に自分の意見をいわず他のブログやHPをリンクするだけで相手を論破したと思い込む位のtisyouさ加減を糾弾され何も反論せずオナアアにいエントリを立て続けるtいえオく列振りをまたもya証明した

「類は友を呼ぶ」、「癡處齲と付き合うと癡處齲が伝染る」、という真理を鷹嘴(不条理日記)が癡處齲討伐人と同じく他人
のめえアドを本人の許可なくサラシしてをやらかしている事で実証した

鷹嘴(不条理日記)が癡處齲討伐人を凌ぐちぃえぇおくうぅれなのが「なめてます」コメント及び「高潔にして偉大なる俺様のsenzuriブログに都合の悪い事をカキコした奴はIPアドレス、サーらしてやんよ!!」コメントで判明した(w
Posted by てんぷれそのいち at 2008年09月01日 18:14
痴藷烏討伐人のような考え方は、従来は「自虐史観」と呼ばれていたが、実はこの言葉に違和感があった。
何故ならば、痴藷烏討伐人は自分を除外して考えているからである。「自虐」というのは文字通り自分や自分を含めた集団を指す概念であるが、このような考え方を行う痴藷烏は形式的には「日本人」という集団の一構成員として「反省」したり「謝罪」したりするものの、本心では自分はその構成員ではないと考えている。
仮に、本当に自虐的で何にも心を痛めるのであれば、日本軍の「悪事」についてのみならず、
自分や自分が属する会社及び集団などの「悪事」についても言い訳をせず、反省・謝罪をするはずである。しかしながら現実はそうではない。
例えば、朝日新聞販売店の従業員が犯罪を犯した場合は、「弊社と取引関係のある販売店の従業員がこのような犯罪を犯したことは真に遺憾であり云々」と、自社とは関係がないことを強調する。
社民党も又市幹事長の女性スキャンダルに関して、「全くの事実無根でわが党に対する誹謗中傷するための云々」と防衛体制に入る。
ここには、自虐的な傾向は全く見られない。彼が本当に自虐的ならば、いかなる言いがかりであろうと「全部自分が悪いんです。
申し訳ございません。生まれてすみません」的な対応が見られるはずである。しかしそのような対応は全く見られない。
ところが、日本の「悪事」となると、捏造・隠蔽・拡大解釈・誇張などあらゆる手法を駆使して日本を責め立てる。
しかも、「日本人として」反省したりお詫びしたりする。ここが非常に厄介な部分である。
何せ、「お前いい加減なことを言うな。証拠を出せ」という主張が効かない。
「日本人として」勝手に相手側の立証責任を免除しちゃうからである。また、「名誉毀損だ」という主張も無効である。
「日本人として」日本を悪く言ってるだけなのだから、「自らの名誉を放棄して何が悪い」となるのである。
しかし、何となくモヤモヤする。腑に落ちない部分がある。これは、形式と実質を分離して考えることでスッキリする。
通常は形式と実質は一致しているので、何ら問題にならない。
例えば、又市幹事長は社民党の党員・幹部という肩書きを持っており(形式の問題)
自らも組織の一員として行動している(実質の問題)。
このように形式と実質が一致している場合には、又市幹事長及び社民党に対して何らかの不利益が生じる可能性が出ると防衛体制に入る。
ところが、又市幹事長は日本の国籍を持っているし「日本人として」と発言する(形式の問題)が
本音では「日本人」とは思っていない(実質の問題)。
それでは痴藷烏討伐人は自分を如何なる存在だと考えているかと言うと、

「正 義 の 日 本 人 」 と い う カ テ ゴ リ ー に 属 す る 人 間 だ と 考 え て い る の で あ る。

日本人を悪と正義に分けた上で、甚だしくも滑稽な事に自分は正義の側に立つと考えている。
正義と言うカテゴリーに属する人間が悪と言うカテゴリーに属する人間を非難しているのだから、自分は痛くも痒くもない。
痛くも痒くもないので「関与」という抽象的な言葉で責任を追及するし、「犯罪をしていない証拠を出せ」という無茶な注文も付ける。
しかし、「自分は正義のカテゴリーに属する人間だ」とは明言しない(良識派という単語は使うが)。
「同じ日本人として反省します」とは言うものの、実態は「他人」を批判しているだけ。
しかも、「他人」を批判すればするほど自分の相対的な正義度がアップするので、これはとてつもない快感を生み出す。
これはいわゆる差別と構造的に全く同じことが分かる。
「あいつは被差別部落の者で卑しい身分だ」と言い立てることで、自分の相対的な優位性を確認し安心する。
「あいつは戦争を反省しない悪い日本人だ」と言い立てることで、自分の相対的な正義度を高める。本質は何にも変わらない。
しかし、ただ一つ違うことがある。
被差別部落の者は形式的にも実質的にも被差別部落の人間であり、また同じように被差別部落以外の者は
形式的にも実質的にも被差別部落に属さない人間である。
つまり、部落以外の人間が部落の人間を悪く言っていると言う構造が、誰の目にもに明らかなのである。
従って、被差別部落の立場からは「俺たちを差別するな」という声が有効となる。
一方で「自虐史観」の場合は、外形的にはあたかも日本人が反省しているというように見える。
しかし、実質的には「全部あいつが悪いんです。私は悪くありません。『関与』したので責任があるのは間違いありません。
言い訳はさせません。私が封じ込めます。だから、私は悪くありません」という類の話であり、自虐でもなんでもない。こういうのは、単に「なすりつけ」という。
これは、構造的には部落差別と全く同じ話なのであるが、形式的には「日本人が日本人として反省している」だけなのだから、
差別として捉えられないところにタチの悪さがある。「てめえ証拠も無いのにふざけたことを言ってるんじゃねえ!」と言おうものなら、
「日本人が一人の日本人として反省することの何がいけないのでしょうか」とのたまう。しかし、これが本心でないことは既に述べた通り。
こういった問題を「自虐史観」と表現することは形式に着目したモノであって、本質を表現しているとは言いがたい。
実は、そこに日本人の陰湿な差別意識が隠れているわけであり、「差別反対!!」と喚き散らす痴藷烏討伐人こそ実は一番差別的な人間なのである。そこで、これを痴藷烏討伐人に自覚させるために、
今後は「歴史問題における差別的なすりつけ解釈」と呼ぶことにしたい。
少々長いのでもう少し短い言葉があればいいのだけど、代わりの言葉が見つかるまでは、
「歴史問題における差別的なすりつけ解釈」もしくは「差別的なすりつけ解釈」という用語を使用したい。
 
差別問題で痴藷烏討伐人がよく言うセリフに、「差別問題は、差別される側がどう感じるかの問題だ」というものがある。
従って、痴藷烏討伐人に「我々は差別などしていない」などという言い訳は通用しない。
痴藷烏討伐人こそが一番の差別主義者であることを自覚させなければならない。
Posted by at 2008年09月01日 18:16
福田首相が退陣表明、官邸で緊急記者会見

 福田首相は1日午後9時半、首相官邸で記者会見し、「国民生活を考えると、新しい体制を整えた上で国会にのぞむべきだ」として、首相を辞任する意向を明らかにした。

 福田首相は「(辞任について)先週末に最終的な決断した」と述べた。

(2008年9月1日21時47分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080901-OYT1T00613.htm
Posted by at 2008年09月01日 22:07
アフガニスタンでペシャワール会の伊藤和也さんが拉致、殺害された事件の記事で、毎日新聞が記事の隠蔽工作を行いました。中村哲医師の発言部分をゴッソリ削除したのです。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080829k0000m040129000c.html
この毎日新聞の記事は、最初にUPされた時のタイトルは

アフガン拉致殺害:中村医師が遺体検分 悲しみこらえ - 毎日jp(毎日新聞)

だったのですが、現在は同一アドレスでタイトルが

アフガン拉致殺害:中村医師「ご両親に申し訳ない」 - 毎日jp(毎日新聞)

に変更されており、内容も大きく変更されています。WEB上にUPされた当初は以下のような文章が載っていました。


反政府武装勢力のタリバン報道官を名乗る人物が、犯行を認めていることについて、中村さんは「拉致グループはタリバンではない。タリバンがこんなことをするはずがない」と話した。

「我々が言うタリバンとは、マドラサ(イスラム神学校)でちゃんと教育を受けた、礼儀と道理を身につけた者を言う。しかし、9・11(01年の米同時多発テロ)後、偽タリバンが増えた。彼らは本当のタリバンではない」

タリバンが拠点とするアフガンとパキスタン国境地域で、ハンセン病治療や井戸掘りなどを20年以上続けてきた。国際的な非難を浴び孤立するタリバンとその母体のパシュトゥン民族を支え、タリバン側からも一定の理解を得ていると自負してきた中村さんの、タリバンへの「最後のメッセージ」にも聞こえた。



この部分の文章は現在、記事中に存在しません。

ただ、消し忘れたのか知りませんが、記事の写真に付いている説明書き部分には現在も、


「タリバンではない」。そう語ったペシャワール会の中村哲代表=アフガニスタン・カブールのアフガン政府軍空港で2008年8月28日、栗田慎一撮影

という解説が残ったままです。その為、記事本文に書かれていないことが説明にあり、記事のバランスがおかしな事になっています。なおこの記事は署名記事であり、

【朴鐘珠、カブール栗田慎一】

とあるのですが、最初にUPされた時は「栗田慎一」の名前のみで「朴鐘珠」の名前はありませんでした。既に毎日新聞の記事はGoogleキャッシュは削除されているのですが、cybozu.netの毎日新聞転載記事にはまだキャッシュが残っており、確認できます。

該当記事のGoogleキャッシュ

現在の該当記事

やはり改竄前には【カブール栗田慎一】としかありませんね・・・つまり「朴鐘珠」記者が、カブールから送られてきた栗田慎一氏の記事を丸ごと書き換えた上で、写真だけ残したという事になります。(写真の説明書き部分は改竄し忘れか)

毎日新聞は何故、栗田慎一氏の記事の根幹ともいえる部分を丸ごと消してしまったのでしょうか。

・・・中村哲医師の、異常なまでのタリバーン擁護を、報道すべきではないと判断したのでしょうか。それとも栗田慎一氏が中村哲医師の発言を捏造したので撤回したのでしょうか。どうも前者の可能性が高いように思えます。中村哲医師は911テロの報復戦争以前からタリバーン擁護を繰り返しており、これくらいのことは平然と言ってのける人物です。

現地に居た専門家の情報が正しいとは限らない (2007年8月14日)

これは一年前に書いた記事ですが、後半で「軍事板常見問題」の消印所沢氏が書いた「アフ【ガ】ーニスタンFAQ」の項目から、中村哲医師に関する部分をピックアップしています。これを見るだけでも中村哲医師のタリバーン擁護があまりにも度を越している事が見て取れる筈です。

Posted by ペシャワール会・中村哲医師のタリバンへの異常な愛情と毎日新聞・朴鐘珠記者の隠蔽工作 at 2008年09月05日 13:01
右翼討伐人はアホですか?
Posted by 江羽 at 2008年09月23日 12:37
2008年08月15日

【日中韓】なぜ中国や台湾は韓国を叩くのか・・・自国の問題から目をそらすために韓国を攻撃している

去る2月に国宝1号の崇礼門が燃えた時だ。全国民が真っ黒な凶物へと変わった崇礼門を見て悲しんでいるときに韓国人らへ向けて飛んで来た中華圏のネチズンたちの一部反応は本当に意外なものだった。

「あいつらを罵っちゃいけないよ。なんてったってあいつらも韓国省の人民じゃないか!」「高麗省の省都 漢城」 「韓国にあまり悪口を言うな。あの国には何一つ国宝というものがないんだぞ。あの門が無くなったから韓国人には名乗れるような国宝がないしな。」

中国ポータル人民網に付いたコメントだ。

このところ全世界の中華圏インターネットで韓国と韓国人は常に誰かから嘲弄されておりまるでピンポン玉のような有様だ。「韓国人は孔子、老子、釈迦を韓国人だったと主張し、万里の長城も自分たちが建造したと言っている。中国美人の西施も韓国人としてしまうほどだ。中国の歴史を盗む韓国人どもはどれだけ厚顔無恥な民族か…。」

前には「韓国は孫文(孫中山・中国辛亥革命の父)も韓国人だと言っている」と中国広州の新快報や台湾の連合報・中国時報などが相次ぎ報道し、中華圏メディアらは自国の歴史人物たちを取り上げ「韓国人は他人の歴史人物まで盗むような臆面もない民族」と繰り返し報道し”多維”などの海外中国ポータルなどでも韓国貶下の報道が続いている。

中華圏で”韓国人が中国の歴史を盗んでいる”と相次いで捏造し報道している理由はなんなのか。これといった”これだ”と理由は見つけることができないが、中国人たちの立場で見ればインターネットを通じ嫌韓症をけしかけ中華民族主義を刺激することで56の少数民族を簡単に統合することができるのだろう。

また改革・開放以後の東西間、都市・農村間の葛藤を歴史意識の武将で眠らせることもできるだろう。台湾の抱える経済的な難しさも外交的孤立とて歴史優越主義を通せばある程度は乗り越えれて精神的な慰めと安息を得ることができる。

問題はこれに対する私たちの対処だ。インターネットを通じ韓国をけなそうとする試みは時間が経てば徐々に自然に無くなるはずだろうと思考するのは純粋すぎる。最近あった '孫文は…'の一件での波紋拡散過程を見てみよう。 ]

台湾で最初の一報を飛ばしたメディアは有力紙の中国時報。日時は7月31日午前で、報道されるや否やポータル 'ヤフー'(Yahoo)に掲載され、引き続き天空新聞、新郎ニュースを経て地上波放送と衛星放送 '東森TV'にまで及んだ。
あっという間に新聞社サイトのポータルや衛星放送にまで急速に広まったのを見るに今後の歪曲報道や誤報はいつでも全世界15億の中国人たちへあっという間に到逹させることが出来るニュース供給システムが揃っていると思わなければならない。

最近のインターネット空間は世界ネチズンたちへ自国の利益を伝えるための宣伝空間として積極的に活用されようとしている。日本の場合数億人の中国ネチズンたちを狙って自国への友好世論を植えつけ、また反日世論を遮断しようとする目的の為におびただしい数のインターネットスパイを活用していると言う。

中国ポータル '騰訊網, QQ.comは親日論理を伝える代表サイトとして知られている。中日領土紛争地である釣魚島(日本側名は尖角列島)の問題でも騰訊網は日本側の論理を中華圏ネチズンたちへ積極伝えている。

中国のインターネットが韓国を攻撃することは確かに誤った事なのだが、私たちも黙って座って国際的な馬鹿になることはできない。「どうして中国人たちが一番嫌っている民族は韓国人なのか。一番嫌っているドラマは大長今になったのか」という理由をよく解析して積極的に対応しなければならないという意味だ。

インターネットを活用した国家イメージ管理を今すぐにでも積極に始めなければならないだろう。



Posted by 朝鮮レイシスト at 2008年10月05日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。