2009年08月30日

アホウヨのコメントに突っ込んでおく

久々にコメント欄を観察したら、アホウヨのネガ/ヘイトコピペばかりだ。コメント欄を含めて、ブログのスタイルも古いし、いろいろと改装したいところだけど、なかなか時間と気力がない。

アホウヨがさっそくコメント欄で自爆してくれたので突っ込んでおこう


余り知られていないがカナダも第二次大戦中、なんの罪も無い日系移民を強制収容所にぶち込んだ恥ずべき過去があるなんてお前知りもしないし知りたくもないだろうよ

イギリス連邦の主要構成国かつ連合国の1国であり、アメリカの隣国でもあるカナダにおいても、日系カナダ人に対する強制収容が行われた。日加間の開戦後すぐに日系カナダ人と在加日本人の財産は没収され、ブリティッシュコロンビア州の内陸部にあるタシュミ強制収容所に移された後、ベイ・ファームスとレモン・クリークにある強制収容所への移動を余儀なくされた。

開戦後にバンクーバー島の軍施設が日本海軍の艦艇に攻撃されたことや、その後もカナダの太平洋沿岸部で多くの連合軍の船艇が日本軍の潜水艦に撃沈されたこともあり、日系カナダ人は戦後も1949年まで沿岸部160キロ以内に移動することが許されなかった。
1941年12月7日の日本軍の真珠湾攻撃から始まる第二次世界大戦のさなか、日系カナダ人も1942年、深まる戦火の中で拘留された。総数20,881人、そのうち75%はカナダ国籍を所持していた。当時、アメリカでも同様の事態が起こった。

戦後、日系カナダ人の財産、不動産は没収され、連邦政府はロッキー山脈以東の地域への移住、又は日本帰国を命じた。その後1970年代後半から1980年代、日系カナダ人抑留に関する記録が公開され、損害賠償が請求された。1986年、日系カナダ人は抑留時に4億4,300万ドルの損失があったことを訴えた。この運動は、リドレス運動(redress movement)と呼ばれる。

1988年9月22日、 ブライアン・マルルーニー首相は損害賠償を行うことを決定(1人につき、21,000ドル)。賠償終了の1993年、約18,000人の抑留生存者があった。

Posted by 余り知られていないがカナダも第二次大戦中、なんの罪も無い日系移民を強制収容所に at 2009年08月30日 20:33

 これがアホウヨの書き込みで突っ込むところが満載なのだが、開戦後にカナダに対しても空爆をしかけたりして攻撃してたんですよね。カナダが一方的に悪いわけではないですね。
それともう1つ日本軍は中国大陸や香港を占領しましたが、カナダ人捕虜の他、軍人以外のカナダ人を含む欧米籍の民間人を拘禁していたことを知らないわけ?参考旧日本軍に拘禁された欧米人、中国の収容所跡を再訪
私が一番言いたい突込みどころはここだな。
>1988年9月22日、 ブライアン・マルルーニー首相は損害賠償を行うことを決定(1人につき、21,000ドル)。賠償終了の1993年、約18,000人の抑留生存者があった。
カナダは日系移民民間人の抑留に対して、きちんととるべき過去の清算を行っている。日本軍は中国大陸および、東南アジアを占領したが、そこでは捕虜のみならず、欧米籍をもつ民間人も強制収容所に入れられて、虐待、殺害、強制労働、女性であれば慰安婦にされたという話もある。たとえば、蘭印等でオランダ軍の兵士軍属のみならず、一般の民間人(子供女性を含めて)、強制収容所に拘禁したという行為もあるわけ。
日本ゴンの占領地の各地で拘禁された欧米の民間人は軍人ではなく、敵国人だからといって罪はないわけだが、罪がない人々を強制収容所にぶち込んだ恥ずべき過去が大日本帝国・日本軍にあることを知らないわけだ。日本政府は彼ら欧米民間人収容者を含めて、中国や朝鮮人ならびに東南アジア占領地各地の被害者等に誠意のある謝罪および賠償を行ったか?まさに厚顔無恥の極みですね。

自民ファシスト政権打倒、民主党政権樹立確定

ニュースサイトとかをあえて引用する必要はないでしょう。テレビをつければ、分かる話です。民主党は各メディアの報道では315席というわけですが、その予想すら上回る大勝利を果たしそうです。
少々勝ちすぎのような気がしますが。自民党一党独裁ファシスト体制が終焉を迎えたのは喜ぶべき話ですが、浮かれていてはいけません。これからの民主党政権がきちんと国民ならびに国際社会、良識派の市民勢力から果たされている課題をきちんとやり遂げるかどうかです。

具体的にいえば、小泉や竹中のような新自由主義者、経団連のような財界、そしては右翼や歴史修正主義者といった過去の歴史賛美/隠蔽勢力といった大日本帝国の残滓に媚びたり、ご機嫌をとったり、妥協したりしないように監視する必要があります。民主党内にも自民党よりも少数ですが、そういった勢力がいますからね。民主党は選挙中もころころ意見を変えたり日和見なところがありますからね。私も忙しいですが、良識派の皆さんは民主党の勝利に決して浮かれず、厳重なる監視と良識的政策履行に向けての圧力をお願いしたいです。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 22:15 | Comment(24) | TrackBack(1) | 良識的ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月30日選挙に行きました。

いろいろ仕事が忙しくて眠たいし、出かける気にも、ましてブログを書く気にもなれなかったのですが。一応、選挙の日だというので、ブログを更新。投票を済ませていない良識派の皆さんも、投票へ行きましょう。
どこに投票すべきかは言うまでもないでしょう。マスコミの報道では民主党が300議席をとる圧勝ということですから、自民党一党独裁ファシスト体制は終了ということです。

ところで、私の知らない間にこんな事件があったのですね。たかしズムさんのところでまとめられていますね。

<緊急報告>日本の恥!国辱画像!
http://takashichan.seesaa.net/article/125889927.html
8月15日の靖国神社で事件が起きたらしいですね。一人の良識あるカナダ人が右翼連中に、"大日本帝国の侵略歴史を賛美する言動はドイツでは逮捕されますよ"と忠告したそうなのですが、右翼連中は発狂してそのカナダ人に対して暴行をしたそうです。警察も右翼とともにカナダ人への弾圧に加担して、右翼連中および日本の官憲体質の日本帝国的な下劣さが現れた事件でした。
米国からの便りさんをはじめ、事件の掘り起こし、翻訳およびカナダをはじめとする関係諸国、国際機関への告発の準備が進んでいるようなので、安心です。カナダといえば、第二次世界大戦での関連性は薄いのですが、従軍慰安婦決議案が議会で採択された国ですね。
民主党をはじめとする良識派勢力による政権が期待されるので、こういった国際的包囲網の圧力とともに、右翼勢力・言論、歴史修正主義言論の取り締まりなどを含む過去の歴史の清算が進むということを願っています。民主党政権はまだ信用してませんが、そういった過去の歴史に対する課題に民主党政権が積極的に取り組むかどうかを監視する圧力となるでしょう。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 13:37 | Comment(28) | TrackBack(0) | 備忘録・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

それで署名された(BlogPet)

きのうは右翼討伐人の右翼みたいな全滅したいなぁ。
それで署名された!

*このエントリは、ブログペットの「右翼討伐犬」が書きました。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 07:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | BlogPet用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

8月15日・・・大日本帝国天皇ファシスト体制からの解放記念日

8月15日ですね。1つの節目でしょう。終戦記念日とされていますが、私は大日本帝国天皇ファシスト体制から日本本土を含むアジア太平洋地域が解放された日とみなしています。終戦といっても曖昧なもので、8月15日の時点では満州では戦闘が続行していたり、シンガポール/マラヤや蘭印などでは連合軍がまだ上陸せず、日本軍が治安維持にあたって人権侵害を続けていたりするので、厳密には終戦とは言えませんが。それはさておき、8月30日に選挙が行われますね。大日本帝国の残滓に血塗られた自民党/麻生一党独裁ファシスト政権からの決別の日です。民主党政権には完全に期待はできませんが、民主党員のなかには大日本帝国の過去清算に熱心な良識派がたくさんおられますし、民主党と社民党の連立政権に期待したいですね。しばらく忙しくて更新する暇はありませんが、8月30日以降楽しみにしています。もし、自民党政権が倒れて、野党の良識派勢力による良識派政権が誕生すれば、応援のためにエントリーを書けたらいいなと思っています。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 13:26 | Comment(50) | TrackBack(0) | 備忘録・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"中韓を知りすぎた男"というブログ右翼にみるど腐った性根

Kuantan氏経由で知ったのですが

中韓を知りすぎた男
http://kkmyo.blog70.fc2.com/というブログがあるのですが、特にその中の
台湾の切り札
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-485.htmlという記事についてです。

その中韓を知りすぎた男なるものの記事の該当部分は
「世界一大きい三峡ダムです。」この言葉を聞いて電気が体中走りました。私はこのブログで08年5月頃「三峡ダムは時限爆弾」というタイトルで三峡ダムの危険性を書いていますが、すっかり忘れていました。

三峡ダムは09年中に完成します.総貯水量が400億トンの膨大な水量です。ダムが決壊した場合、未曾有の大惨事をもたらします。

三峡ダムの構想が持ち上がった時から世界の地質学者は懸念を表明していました。その心配どおり地質災害は日を追って、増大しています。

中国において、三峡ダムの問題点は報道のタブーとなっていますが現時点ですでに地滑りは大小数千回にも及んでいます。
そして最近では揚子江沿いの岸壁が崩壊する事故が起きています。
岩盤の大きさは約2万立方メートルにも達しています。

三峡ダムは揚子江中流域の三峡一体に建設されました。揚子江(長江)は、世界で三番目の大河で、中国大陸を西から東に流れ、重慶、武漢南京、上海を経て、東シナ海に注ぎこんでいます。

揚子江は毎年局地的な洪水が発生しています。中でも1931年の揚子江洪水で死者、行方不明者は約370万人です。この時 揚子江流域は農村地帯で人口も比較的少なかった。

しかし今や両岸は工業地帯で人口密度も比べ物になりません。

もし三峡ダムが決壊すれば数千万人の死者が出ると言われています。
東シナ海が赤いねずみの死骸で埋めつくされます。


日本も核を持たなくても「ミサイル三発で三峡ダムは崩壊する」と宣伝するだけで抑止力になります。日本のミサイルなら命中率が高いのでより効果があります。

いずれにしてもミサイル攻撃をしなくても三峡ダムは崩壊します。
日本が造ったダムならこんな事は期待しません。しかし中国は四川大地震で明らかになったように手抜き専門のオカラ工事です。

揚子江に隣接する重慶、武漢、南京、上海は消えてなくなります。
両岸の工業地帯や住民も全滅です。広島に落とされた核の100倍の威力があります。

三峡ダムが崩壊すれば、北京の中央政府の権威と統治能力は完全に消滅します。被害の及ばなかった地域まで大量の情報を入手します。それはネットと携帯からの情報です。携帯はすでに3億台を超えています。

そして中国社会は完全な無秩序かつ無政府状態が支配して、結果略奪、暴行が繰り返されます。

中国へ進出した日本の中小企業の皆様は早急に避難準備の対策を考える必要があります。中国人の暴徒に遭遇すれば、略奪だけでなしに命までとられてしまいます。

中小企業の社長様、くれぐれも民主党政権下の日本から自衛隊の救援機が迎えに来てくれるなんて夢にも思ってはいけません。
という感じです。Kuantan氏のブログではこのように批判されていますね。
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.com/2009/08/blog-post_9435.html
ネトウヨブログ「中韓を知りすぎた男」によればこれが「台湾の切り札」だそうだ。

ここまで無邪気に他人の災難を喜べる感性、無辜の民の大量死に期待を寄せられる感覚。

この賎しい品性こそ、反中・反「特亜」ネット右翼の「切り札」でもあるようだ。

しかし、敵であれ、自然災害による人命の犠牲を楽しみにできる感覚を「日本人の感覚」といえるのだろうか。

本当にこの男は、中国人など人間だと思っていないのだろう。

もっと根本的に、この人には人間に対する尊敬の念が欠落しているとしか見えない。事大主義的な観点から自分より「上」と看做している白人以外の異民族は人間ではないと思っているのだろう。

ここまでくると、何が楽しくて生きているのかさえ疑問なくらいである。

こういうブログが糞壷になるのは当然である。

しかし、こういうエントリーになんのためらいなく喝采を送れる連中がネット右翼なのだ。
私はKuantan氏のいうことに、概ね同意かな。そもそも中国が敵国であるという前提には同意しかねるが。台風9号のせいで、西日本の各地でたくさんの水害が起こっている。地震による被害も多く、自然災害が多いのがわが国日本である。ところがネット右翼はあろうことに、中国の崩壊という目的のためならば、自然災害に無辜の人々の犠牲をあたかも楽しく述べる感覚、中国崩壊という手段のためならば、"東シナ海が赤いねずみの死骸"という風に災害による大量死を期待できる感覚、同じ自然災害に苦しむ日本人の感覚ではないし、Kuantan氏のいうように人間に対する尊敬の念が完全に欠如しているのは間違いない。これこそ、まさしくどこまでも人命を軽んじる大日本帝国的な観念なのだろう。
アメリカはアフガニスタンやパキスタンを空爆している暇があるなら、中韓を知りすぎた男のような右翼の自宅を空爆したほうがいい。タリバンなんぞよりも日本の右翼どものほうがはるかに危険なのだからな。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 13:23 | Comment(72) | TrackBack(0) | ネット上の右翼サイト、ブログをけなすコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福沢諭吉…侵略戦争正当化した日本右翼の元祖

【その時の今日】福沢諭吉…侵略戦争正当化した日本右翼の元祖
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=119108&servcode=A00&sectcode=A00
 「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」天賦人権を叫んだ日本の代表的啓蒙思想家、福沢諭吉(1835〜1901)。1854年からオランダと
イギリスの近代学問である蘭学と英学を独学で学んだ彼だったが、1862年、ヨーロッパ探訪時、彼の目前に開かれた世の中は本の中の世界とあまりにも違っ
ていた。特に西欧近代の産物である民主主義の基本制度はまったく理解することができない別の世界の話だった。


  「選挙法というのはどんな法律で、議会というのはどんな官庁なのかと問えば、あちらの人は笑ってばかりだった。保守党と自由党とい
う党派のようなものがあって互いに負けずに押されないように猛烈に争うという。太平泰平の天下で政治的な争いをするとは。一体分からない。あの人とこの人
が敵だと言いながらも一緒に食事もし、酒も飲む。全く理解ができない」1862年、パリの国立自然史博物館に立ち寄った際、撮った伝統的な侍の服に刀をさ
した彼の写真(東京大学史料編纂所所蔵)が物語るように、明治維新(1868)に33年先立って生まれ、正確に33年後に死んだ彼の頭の中は西欧「近代」
と日本「伝統」が互いに衝突する戦地だった。


  しかしそのとき西洋は文明で東洋は野蛮という非西洋に対する西洋の差別論理であるオリエンタリズムは彼の脳裏の奥深く刻印された。


  もう彼の目に朝鮮は連帯して協力する相手ではなく、日本が「文明化」させなければならない侵略の対象と映った。1885年3月16日
付時事新報に掲載された「脱亜論」はこれを雄弁する。「今日を図ることにおいて我が国は隣国の開明を待って一緒にアジアを興す余裕がない。むしろその隊伍
から脱して西洋の文明国と進退をともにし、あの中国・朝鮮と接触する方法も隣国だから特別に見てあげるのではなく、まさに西洋人がこれらと接触する方式に
従って処理するだろう。悪友と親しくなれば悪名を免れにくい。我々は心よりアジア東方の悪い友達を謝絶しなければならないだろう」


  アジアの多くの国を見下して侵略を肯定した彼は、侵略の過去史を誇らしい歴史としようと右翼勢力と日本列島で吹き始めた嫌韓流を生
んだ父だ。1万円券紙幤の肖像人物として福沢が生きて呼吸する今日。一世紀前の暗い失敗の歴史にリピートマークを打たないために我々は彼を記憶しておかな
ければならない。
福沢諭吉って 「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」というので有名だけど、こんなに外道な人物だったとわね。西洋文明に触れたばっかりのために、アジアは連帯して協力する相手ではなく、日本が侵略して文明化させなければならない相手だとみなした。結局、人(日本人)の下に人(朝鮮人)を作ってるんだと。そもそも、大日本帝国天皇主権体制を支持したということは、"天は人の上に人を作らず"というに反するだけどね。そんな人物が1万円の紙幣に行き続けているということは、日本においては過去の歴史の清算がなんら行われておらず、大日本帝国の残滓が行き続けている証拠。1万円の紙幣の肖像人物を変えるべきだろう。福沢諭吉を変えるとして、1万円の肖像人物に誰がいいと思います?
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 11:02 | Comment(11) | TrackBack(0) | 大日本帝国・侵略戦争・戦争責任関係ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ米議員「過去史に対する日本の謝罪は不十分」、ホンダ米議員の良識的活動

ホンダ米議員「過去史に対する日本の謝罪は不十分」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090813-00000027-yonh-kr
【ソウル12日聯合ニュース】米下院の「従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議」の採択を主導したマイク・ホンダ議員(民主党)が、過去に対する日本の謝罪は不十分だとの見解を示した。

 訪韓中のホンダ議員は11日に聯合ニュースとの単独インタビューで、「これまで日本に要求したのは公式かつ率直な政府レベルでの謝罪であり、歴史的責任
を認めることだったが、そのような謝罪はなかった」と述べた。また、これまで日本で個人レベルでの謝罪や過去に不幸な出来事があったことを認めるケースは
あったものの、そこには真の深さ(true depth)がなかったと指摘した。

 特に「日本は公式的な謝罪を行い、歴史的責任を認め、被害者らに賠償しなければならない」とし、過去の過ちを金で取り戻したり補償することはできないが、一種のジェスチャーとしてでも被害者らに対する賠償を行うべきだと促した。

 日本の過去史歪曲(わいきょく)問題にも触れ、日本は子どもたちに過去に日本軍がアジアで行った蛮行を教えず、むしろ事実を曲げたり、まるでそのような出来事がなかったかのように事実そのものを隠ぺいしようとしていると指摘。教師出身者として納得できないと批判した。

 ホンダ議員は「歴史で教訓を得られなかった日本人は再び同じ過ちを繰り返すことを肝に銘じるべきだ。常に若者には良質の事実に基づき、正しい情報を教え
てこそ、客観的に判断できる市民に成長できる」と強調した。また、米国のほか、9カ国で同様の慰安婦関連決議が採択されたことをうれしく思っているとし、
国連などでもこうした決議案を推進できるよいリーダーシップがあるだろうと述べた。

 ホンダ議員は日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の64周年を控え、江原大学の招きで10日から韓国を訪れている。15日まで滞在する予定で、
これまで非武装地帯(DMZ)博物館の開館式に出席したほか、元慰安婦らの施設を訪問し、被害女性らと懇談会を行った。また、江原大学からは名誉教育学博
士学位が贈られた。

さらには
ホンダ米下院議員が元慰安婦女性を訪問
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=119169&servcode=400&sectcode=410
「My sister」「My brother」


  マイケル・ホンダ米下院議員(68)とキム・クンジャさん(84)お互いをこう呼んだ。


  12日、元慰安婦女性が共同生活をする京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)「ナヌムの家」。


  「次はいつ来るのか。死ぬ前にもう一度会わないと」「10年後にまた来る」「そんなに生きられない」−−。通訳を通じて本当の兄弟姉妹のように言葉が交わされた。


  日系のホンダ議員は米国民主党所属5選議員。 カリフォルニア州下院議員を経て、00年に連邦下院議員になった。
ホンダ議員は07年1月、日本政府に慰安婦問題の公式謝罪を要求する米下院決議案121号、いわゆる「慰安婦決議案」を発議した。
この決議案が全員一致で下院を通過するのに主導的な役割を果たした。

  日本政府が執拗にロビー活動を繰り広げたが、屈しなかった。 元慰安婦女性3人を下院聴聞会に呼んで日帝の蛮行を告発させた。 キム・クンジャさんも当時、聴聞会に出席した。 2年ぶりに会ったホンダ議員とキム・クンジャさんは抱き合いながらあいさつを交わした。


  ホンダ議員の「ナヌムの家」訪問は今回で2度目となる。 07年に「慰安婦決議案」が通過した後に初めて訪れた。 2年後に来た「ナヌムの家」にはいろんな変化があった。 看病棟が完成し、生活館は建設中だった。 また他の慰安婦女性2人が亡くなった。


  しかし日本政府の立場に変化はない。 「すでに何度か謝罪していて、これ以上謝罪することはない」ということだ。 ホンダ議員は希望を捨てていない。 「日本の新しい世代が慰安婦問題を知り、結局は日本政府も変わるはずだ」とがホンダ議員は信じている。


  ホンダ議員は親しいファレオマバエガ米下院外交委東アジア太平洋環境小委委員長とともに、米国政府が慰安婦決議案を国連に上程できる
よう議会レベルで要請する案も検討中だ。ホンダ議員に同行したキム・ドンソク・ニューヨーク・ニュージャージー韓国人有権者センター所長は「秘密裏に推進
してきたが、ファレオマバエガ議員が突然公開したため、日本側が対策の準備を始めないか心配だ」と話した。


  ホンダ議員は米カリフォルニア州で生まれた日系移民3世。 第2次世界大戦中は‘敵国人’に分類されて収容所に収監されている。
こうした経験がむしろ慰安婦問題に対するホンダ議員の立場を確固たるものにした。
「米国政府が第2次世界大戦当時、日系市民を監禁したことを公式謝罪したように、日本も韓国に謝罪すべきだ」というのがホンダ議員の持論だ。


  江原(カンウォン)大の招請で訪韓したホンダ議員は、当初の計画より30分ほど早く「ナヌムの家」に到着し、2時間半ほどいた。 ソウルで夕食の約束があったが、食事を準備しておいたという言葉を聞くと、キム・クンジャさんらと一緒に食卓に座った。

ホンダ米議員の精力的で良識的な活動には私としては感服せざる終えません。悪しき日本政府に対する良識的な世界の市民の草の根の包囲網は進んでいるようです。慰安婦つまり軍隊性奴隷制度に対する日本政府の取り組みは不十分どころか、うわべだけのもので被害者の心にはなんら届いていません。反動石原ファシストの東京都で、中高一貫校の6校でつくる会の歴史教科書が採択されようているし、何ら大日本帝国の過去の歴史に対する謝罪や精算の取り組みはなんらなされていないことは明らか。ホンダ米議員のいうように、軍事化の動きをみてもまた多大な過ちを引き起こそうとするのは明白である。特に過去の日本軍による性奴隷制度や性暴力はその被害者の数、量といい、暴行・陵辱の凄惨さ、質といい、人類史上、前例のない最悪なものだ。
人類史上残虐非道で悪魔以下のレイピスト集団が日本軍であり、その蛮行を教えず、事実を曲げたり、その蛮行の事実がなかったかのように国内外で隠蔽しようと試みる日本政府は人類史上最もたちが悪く悪質な"セカンドレイピスト国家"である。その"セカンドレイピスト国家"を治癒すべく、国外でホンダ米議員らが精力的に動いているのに対して、国内でいるとまるでそれが見えてこないのが情けない限りである。うちの国のリベラルはなにをやっているのかと・・・・。ともあれ、ホンダ米議員らのその良識的な活動を応援するともに、8/30の選挙で民主党政権が誕生すれば、なにか変わることを信じたいと思います。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 00:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | 良識的ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

台湾の先住民族議員ら、靖国神社でデモ=台湾先住民の合祀取り消しなど訴えのニュースと糞産経

皆さんお久しぶりです。 忙しくてなかなか更新できませんね。とりあえず、このニュースを

台湾の反日女性議員ら、靖国神社でデモ=台湾先住民の合祀取り消しなど訴え―東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090811-00000030-rcdc-cn
2009年8月11日、台湾中央通訊社によると、台湾の高金素梅(ガオジン・スーメイ)立法議員(国会議員)は台湾先住民らのグループ約50人と共に靖国
神社の拝殿前で抗議活動を行い、台湾先住民の元兵士の合祀取り消しと日本政府による謝罪と賠償を求めた。新華網が伝えた。



記事によれば、高金素梅委員らは午前9時半ごろ靖国神社に到着し、「靖国は先祖の魂を返せ」などと書かれた横断幕を掲げ、スローガンを叫びながら拝殿に向
かってデモ行進を行った。その際、制止しようとした警備員ともみ合いになり、台湾側グループのメンバー数人が軽傷を負ったという。



【その他の写真】



同委員らは、当時日本軍として編成された台湾先住民による「高砂義勇隊」の合祀取り消しと日本政府による謝罪と賠償を求めている。同委員は日本側が同意し
ない限り、活動は毎年続けると強調した。グループはその後、鎮魂歌を歌い、「意に反して同神社に祀られた先祖の霊」を慰めた。



同委員は台湾メディアに対し、「平和活動を行っただけなのに、警備員が荒っぽい手段で阻止しようとした。でも私たちは終始、手を出さなかった」と説明。
「デモの成功に喜びと安堵を覚える」と話した。同委員は母親が台湾先住民で、反日活動家として知られている。(翻訳・編集/NN)

ところがこの糞産経の記事は

反日の台湾女性議員ら靖国神社でもみ合い
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090811/crm0908111648013-n1.htm

 反日活動家として知られる台湾の高金素梅・立法委員(国会議員)らのメンバーが11日、東京都千代田区靖国神社の拝殿前で靖国神社反対活動を行い、制止した神社職員ともみ合いになり、警察官が出動する騒ぎがあった。靖国神社によると、職員数人がけがをしたといい、警視庁麹町署に被害相談している。

 靖国神社によると、高金素梅委員ら約50人が11日午前9時ごろ神社に訪れ、同9時半ごろから約20分間に渡り、拝殿前で拡声器で「ヤスクニNO」と訴えたり、持っていた写真やパネルを掲示。このうち1人が拝殿に登ろうとして、制止しようとした神社職員ともみ合いになった。職員数人が突き飛ばされ、打撲などの軽傷を負ったという。
 警視庁によると、高金素梅委員は今月7日から11日までの予定で来日し、「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」シンポジウムを開催。8日には中国人強制連行殉難者合同慰霊祭に出席し、9日にも東京・上野でデモ行進をしていた。

「平和活動を行っただけなのに、警備員が荒っぽい手段で阻止しようとした。でも私たちは終始、手を出さなかった」と説明しており、台湾先住民族の抗議活動は非暴力的で完全な平和活動であることは明らかである。靖国神社側が非暴力の平和活動に対して暴力を振る舞い、大日本帝国的弾圧を靖国神社側が試みたのがもみ合いの原因である。しかし糞産経の場合、台湾先住民議員側の言い分を隠し、あたかもその高金素梅先住民議員らが暴力を振舞って、悪者に仕立てようとする外道畜生振りを許すわけにはいかない。どこまでも産経・右翼どもは外道畜生なのであった。
高砂義勇隊犠牲者の合祀取り消しだけとは言わず、靖国神社を解体し、朝鮮人や台湾人の合祀者を含むすべての戦争犠牲者の魂を解放と徹底完全なる謝罪と補償を実現すべきであるのは言うまでもない。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 19:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 大日本帝国・侵略戦争・戦争責任関係ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

きのうは共通した(BlogPet)

きのうは共通した?

*このエントリは、ブログペットの「右翼討伐犬」が書きました。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 07:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | BlogPet用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。