2009年05月29日

皆様の投稿をお待ちしています。(BlogPet)

右翼討伐人の「皆様の投稿をお待ちしています。」のまねしてかいてみるね

皆様の過去のメールアドレスuyotoubatsunin@yahoo.teacup.teacup.php/24日でもって、その他、私のメールアドレスuyotoubatsunin/php/php/e.teacup.fc2.com/php/news

*このエントリは、ブログペットの「右翼討伐犬」が書きました。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPet用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

交渉されたみたい(BlogPet)

きょうは、交渉されたみたい…
だけど、活力みたいな整理しなかった。
だけど、右翼討伐人は対決すればよかった?
だけど、右翼討伐人は右翼討伐人で憂慮するはずだった。
でも、右翼討伐人と符合したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「右翼討伐犬」が書きました。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 07:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | BlogPet用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

「日本列島、日本人だけの所有物じゃない」 鳩山幹事長「ニコ動」で「炎上」はおかしい

「日本列島、日本人だけの所有物じゃない」 鳩山幹事長「ニコ動」で「炎上」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000004-jct-soci
 民主党の鳩山由紀夫幹事長の発言をめぐり、ネット上で波紋が広がっている。動画共有サイト「ニコニコ動画」(ニコ動)の生放送で持論を述べる中で、「日
本列島は日本人だけの所有物じゃない」と主張。この発言が、「国民を侮辱している」などと批判を呼び、コメントが4万を超えるなど「炎上状態」が続いてい
る。

■「定住外国人の参政権は、当然付与されるべきだ」

 騒動となっているのは、鳩山氏が2009年4月17日夜に出演した「ニコニコ生討論会〜民主党は今後どうするか?〜」での発言だ。「ニコ動」では、有名人をゲストに招いて番組を放送する「ニコニコ生放送」という仕組みがあり、今回の番組も、その一環だ。

 番組は、視聴者から届いた鳩山氏への質問を司会者が読み上げる形で進行し、鳩山氏は1時間40分にわたって持論を展開。その中の、永住外国人への地方参政権への付与についての発言が問題になったのだ。

 司会者が、永住外国人への地方参政権の付与について、

  「日本人にとって、どういったメリットがあるのか」

との質問を読み上げると、鳩山氏は、

  「日本人は自信を失っている。自信を失うと、他の国の血が入ってくることを、なかなか認めない、という社会になりつつあるな、と。それが非常に怖いと
思っています。むしろ、定住外国人の話は、彼ら、税金を納めている訳ですよね?地域に根ざして頑張っている人が沢山いる。その人たちに、むしろ参政権ぐら
いは与える度量の広さを、日本人として持つべきではないか」

と、日本人のあるべき姿を主張。さらに、

  「出生率の問題を考えてみても、もっと海外に心を開くということを行わないと、世界に向けても尊敬される日本にならないし、日本の国土を守ることもで
きなくなる。ですから、私は定住外国人の参政権は、当然付与されるべきだと、そう思っています。ただ、民主党の中にも根強い反対論があります」

と、地方参政権については「当然付与されるべき」とまで言い切った。

■7万2000回以上再生される

 一方、国政への参政権については、

  「今は、そこまで広げる必要はないと思っています」

と、今後も議論が必要との考えを示した。

 「ニコ動」では、生放送であっても視聴者からコメントをつけられる仕組みになっており、コメントを見た司会者が

  「『外国の状況を把握してから言ったらどうだ』との声もありますが…」

と水を向けると、

  「アメリカなんかそうでしょう?アメリカの良さは、度量の広さ。日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから…。もっと多くの方々に参加して喜んでもらえるような、そんな土壌にしなきゃダメです」

と発言。

 ネット利用者の中では外国人への参政権付与について否定的な声が多い中、「日本列島は日本人だけの所有物ではない」発言は、火に油を注ぐ形となった。

 動画のコメントには、

  「お前が出ると選挙に負ける」

  「(北方領土に近い)根室で同じこと言ってみろ」

と、批判的な声が殺到。生中継を録画して「ニコ動」上で公開されている動画も、すでに7万2000回以上が再生されており、寄せられたコメントは4万1000以上。そのほとんどが鳩山氏に批判的なもので、半ば「炎上」状態だ。

 J-CASTニュースでは、今後の外国人参政権付与に向けての取り組みなどについて民主党に取材を申し込んでいる。
だいぶ前の記事ですが。なぜ、民主党の鳩山氏が批判されるのか私には分からない。この記事における鳩山氏に批判的な意見というのは極めてマイノリティだが、ネットでは声がでかい2chにいるような糞右翼連中のことだろう。「日本(文化はもちろん、国体も地理的なこと、歴史的ことを含めても)は日本人だけのものではない」、これは至極、もっともな意見である。逆に、日本は日本人だけの所有物だ、いいかえれば、日本人以外(在日コリアンとか)はでていけというような排他的な国粋的な主張こそが、恥ずべきものだし、日本に残る大日本帝国の残滓そのものだ。私は何度もいうように外国人参政権は賛成だし、すぐに実施すべきものだし、躊躇するものではない。また、日本は日本人のものではなく、日本に住みうるすべての定住外国人の共有財産であるという共通認識を国民が持ちうる政策をとるべきだ。考えてみれば、地球は人間の所有物だという考え方も人間の身勝手な理屈である。そういう風にして人類は地球環境を破壊し、多くの人間以外の生物を絶滅に追いやってきたのである。たとえば、地球には人間のみならず、そこに生息する動植物すべての所有物、当然地球の一部である日本も、日本という土地に今生きているすべての動植物(人間も含む)の所有物だと考えれば、鳩山氏の意見はなんらおかしくないのである。右翼が主張するような、もちろん在日外国人やそこにすむ動物や植物などの他の生物の存在を差し置いて、"日本は日本人だけのものだ"という主張がさらさらおかしいものだということが分かっていただけると思う。

2009年05月04日

<人材派遣業>解雇なのに「退職届」…名古屋の会社

 <人材派遣業>解雇なのに「退職届」…名古屋の会社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000014-mai-soci
 人材派遣業「マルゼンロジスティックス」(名古屋市中村区)がキヤノンの子会社「長浜キヤノン」(滋賀県長浜市)との請負契約終了に伴い従業員を契約途中で解雇する際、会社が解雇通告したのに、自己都合で辞める内容の「退職届」を書かせていたことが分かった。



 自己都合退職の場合、会社は解雇予告手当を払う必要がない一方、労働者は失業給付をすぐに受け取れないなど不利益が大きい。マルゼンは「退職届」への署
名を長浜キヤノンから支給された「生活支援金」の受給や有給休暇買い取りの条件にしていたといい、支援の労働組合は「卑劣なやり方」と非難している。



 長浜キヤノンは今年2月、マルゼンなど請負8社との契約終了を発表。請負労働者約1000人への支援金として8社に計約4億円を支払うとし、マルゼンには既に支払った。



 「退職届」は「生産停止に伴い、2009年○月○日付けをもって退職を希望したいのでお願い致します」と印刷され、署名する形式。マルゼンと契約し長浜
キヤノンの工場で働いていたペルー人女性(23)は3月、マルゼンから解雇を言い渡され、「退職届」への署名を要求された。その際、「署名しないと、生活
支援金や余剰有給休暇への補償を受け取れないと会社から説明された」という。



 この女性が加盟するアルバイト・派遣・パート関西労働組合(本部・大阪)によると、同様の説明で署名を要求された13人がおかしいと思い同労組を通じて団体交渉したが、マルゼンは改善に応じなかったという。



 このため、大半は署名して支援金などを受け取り、現在は、この女性だけが滋賀県労働委員会(地労委)で係争中。



 同労組は「マルゼンは、団体交渉で解雇予告手当について、自己都合退職だから払えないと主張した。解雇であることは明らかなのに」と指摘する。



 「退職届」を書かせたことについて、マルゼンは「書かせた理由はあるが、回答は控えたい」としている。



【稲生陽、飯田和樹】
ほんとこんなニュースばかり。日本の社会、企業にはこういう大日本帝国なところが残っているのですね。人材派遣業とかキャノンのような大企業なんて特にそう。景気がいまほど悪くなかったときは低賃金で派遣労働者を集めてこき使い、膨大な利益を上げて内部保留を溜め込んだ挙句、景気が減退し利益を上げる上で都合が悪くなったときは切り捨てる。しかも、切り捨てる労働者を退職届を強制的に書かせて、自発的な(自己都合による)退職にすると大日本帝国的な冷酷っぷり。無慈悲に働く者をこのような卑劣なやり方を行ってまできっていくその姿は凶悪な日本軍兵士が反抗する占領地の人々を片っ端から切り殺すそのような風景を彷彿とさせますね。これでも革命とか暴動のようなことが起きない日本人の飼い犬っぷりも、大日本帝国体制下の日本国民とそっくりです。諸君の休刊で喜んでいましたが、まだまだ喜べませんね。

諸君という糞右翼雑誌が休刊へ

「諸君!」撤退の背景は… 経済悪化もあるが、若手の意識変化も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090503-00000571-san-soci
文芸春秋の月刊オピニオン誌「諸君!」の最終号となる6月号が店頭に並んだ。40年にわたり保守論壇の拠点のひとつであった同誌はなぜ撤退せざるをえなかったのか−。



 「雑誌を取り巻く経済環境の悪化に尽きます」。文芸春秋の松井清人第一編集局長は休刊の理由を説明する。「諸君!」の発行部数は5年前の25%減。オピ
ニオン誌は、新しい水が流れ込まず、徐々に水位が下がる池にたとえられる。これに金融経済恐慌による広告収入の激減がとどめの一撃を加えたといえる。



 「創刊から一貫して『健全な保守論壇の構築』という役割を担ってきたと考えています。役割を終えて休刊すると言いたいところですが、役割を終えたとは今
も考えておりません」と、自負と口惜しさの滲むコメントを松井氏は寄せるが、環境の厳しさはどのオピニオン誌も同じ。同社が撤退を決断した理由については
さまざまな見方がある。



 「リベラル保守であった文芸春秋の歴史認識が昨今はリベラル左派が中心になっている」と「WiLL」を発行するワックの鈴木隆一社長は指摘、経営陣のスタンスとずれる「諸君!」は真っ先に切る対象になったのでは、と推測する。



 民俗学者の大月隆寛氏はこんな見方をする。「論壇なんてものを、体を張って引き受けようという若い人が社内にいなくなったのではないか」



 文芸春秋取締役の立林昭彦氏は内情を次のように説明する。「4月以降の営業収益を弾いてみると、著しい減益が予想された。赤字雑誌の整理が求められる中
で、文芸雑誌を存続させて『諸君!』の休刊を決めた理由は、文芸の連載は単行本、文庫となって収益につながるから。『諸君!』の連載はうまくいって新書。
それも2刷がせいぜい。休刊を決める前に、減ページや隔月刊、季刊なども検討したが、赤字の改善は困難だった」



 もうひとつある。それは社内の世代交代だ。



 「弊社の若い人たちが歴史認識や憲法改正、日米関係といった大テーマに関心を持たなくなっており、こんな状況で存続させても、とても巻き返しはできそうにないと判断した」



 休刊の影響はどうか。ライバル誌である「新潮45」の宮本太一編集長は「寂しい限り。歴史ある同誌の休刊で、月刊誌全体が活力を失ったと感じられること
を懸念する。業界全体にとってのマイナス」と憂慮する。かつての論敵であった元共産党政策委員長の筆坂秀世氏は「論争の場が昨今はテレビやネットに移行し
ているが、そこはじっくり思考を研ぎ澄まして対決する場とは思えない。『諸君!』の休刊は左右に関係なく危惧(きぐ)すべきこと」と危機感を募らせる。



 立林氏は言う。「保守の時代となり『諸君!』の役割は終わったという人がいるが、とんでもない。日本が本当の独立国として立っていくためには、思想的・
現実的課題が山のようにある。もちろん月刊『文芸春秋』でも取り組んでゆくことになるだろうが、『正論』や『Voice』『WiLL』にも踏ん張ってもら
わないと」

ちょっとだけ、うれしいかも。経済情勢だけが原因ではないですね。ようやく、日本が大日本帝国の残滓、右傾化風潮から目を覚まし始めているのかも。正論やVoic3などの右翼雑誌もとっとと休刊してほしいですよね。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 19:35 | Comment(4) | TrackBack(1) | 良識的ニュース・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

ゴールデンウィーク、これからのこと

ゴールデンウィークに入ったものの、いろいろと多忙でなかなか、ブログを書くことができません。ブログを書いていない間もわが国の大日本帝国・日本軍の加害歴史を憎み、被害者や犠牲者の痛みを考えなかったことなど、ひと時もありません。とはいえ、多忙の身ですので、いくつかの記事を掲載したのち、しばらく更新停止を考えたいと思います。
posted by 右翼討伐人改めアクアリウス at 17:53 | Comment(15) | TrackBack(1) | 備忘録・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。